そのままのわが子を応援できるママになるために

 

親の私の古い固定観念で、子どもの可能性を無意識のうちに潰す寸前だったということがありました。

私はもともと、自分にすごーくコンプレックスがあったんです。
人と比較しては落ち込むか卑屈になるか…という思春期以降を過ごしてきました。

母親になってからは、「わが子を自分のように劣等感を持った子にしたくない」という気持ちを強く持っていました。私がママであることが、わが子にとってマイナスになるかもしれないことが、とにかく怖かったんです。

ここにちょっと書いてあります…(恥)

【賢い子の条件】放任せずに成り行きに任せる子育て

そのままのわが子の応援隊長であるために、意識していることをシェアしますね!

 

欠点を正すより大切なこと

わが子の欠点や弱点にどうしても目が行ってしまうことってありませんか?
私はありました・・・というか、今でも自分がいっぱいいっぱいだと、わが子の欠点に目が行ってしまうんですよね。

でもこれ、皆さん経験からわかるかと思うんですが、叱ったところで直りませんよね?(ウチだけ?)

これはあくまで私の経験からのことなのですが、「自分でもっと良くしたい」と思ったり「自己コントロールできる時期」が来ないと、何とかしようと自分が思ったとしてもできないことが多々あります。

だから、できるところからほめる(認めるという意味)のが子どもにとっても大人にとってもストレスなく過ごすコツなんですね。

 

長く広い視点で見る

すぐ見える結果にばかり囚われてしまうということ、これも私の中にあったものなんですが(汗)
ここを中期的な視点で見る→長期的なスパンで見守るにすこしづつシフトしていくんです。

具体的には「今スグに結果が出なくてもいいよね」って思えること。ゆったりと構えていられること。
想定外を楽しめる心の余裕が必要ですね^^

私の場合は、親である自分にコンプレックスがありましたので、わが子で疑似自己実現というか、親の私の「こうありたかった」を子どもに満たしてもらおうとしてたんですね。ひゃー。

親の私が、自分自身に不満だらけだったんですよ。そこを解決することで、ゆったりと構える心の余裕が出てきました。お母さん自身が、「自分を向き合う」というワークをすることが効果的です^^

 

恐れや不安からの行動を見直す

何かを選び取るときや決めて行動に移すとき、「こうしないとこういう風になるんじゃないか…」のような恐れや「みんなと同じにしとかなきゃ置いて行かれるかも…」みたいな不安からの選択や行動になっていないか、現代で子育てする中ではとても大事なポイントじゃないかと感じます。

自分で選んでいるようで、本当の意味では自分で選べていない状態。私はまさにコレでした。

ベストセラーの育児本に書いてあったこと、教育界で有名な方の言葉、常識だと言われていること…目の前のわが子を観察するより、そういう情報に振り回されわかった気になって、行動を決めてたなー。
ある時を境に、愛をモチベーションとして行動を選択するようになりました。

イライラする回数が圧倒的に減った母親である私自身の視野がグッと広がったという副産物もありましたよ。おススメです!

 

ママは自分が好きですか?

お母さんが自信を持って、そのままのわが子の応援隊長であるために欠かせないのはやっぱり、お母さん自身がそのままの自分を好きでいて成長を応援できることです。

ママ自身が、

  • 長所を伸ばせているか?
  • 自分をおおらかに見れているか?
  • 「愛」から行動しているか?

ということを自分に問いかけてみましょう♥
自分自身の応援隊長こそ、お子さんの応援隊長も兼任できるのだー!

 

私も、娘の応援隊長がんばってまーす^^
長女は、絵本コンクールの受賞作品を多言語化するプロジェクトをはじめています。

受賞記事がYahooニュースにも掲載されました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

本が大好きな娘。 全国的に図書館がお休みになっていると知って、 「小さな子どもたちにこの本を見せてあげよう!」と。 小学四年生のお姉さんから、 オンライン絵本のプレゼントですよー🎁 【娘より】 私は、走るのは好きですが、足ははやくありません。 登場する動物は足が早いな、どうして早く走れるのかなと思った動物にして、私が子猫だったらどうするかな、と思いながら作りました。 ちょっとページが切れてて 絵が全部写らないのが残念💦 絵本好きっ子に届きますように🥰 #絵本育児#読み聞かせ#本好き#絵本#オンライン図書館#オンライン絵本#休校#おうち遊び#おうち時間#おうちで過ごそう#stayathome#絵本時間#図書館好き#美女と野獣の図書館に見とれている娘#コロナウイルスが早く終息しますように #えほん紹介 #えほん #絵本大好き #絵本の読み聞かせ #えほんやさん #絵本紹介#そうゾウくんとえほんづくり#ネコスタグラム #ネコ好き #こねこ #猫好き#ねこすきさんと繋がりたい #ねこすき #ニャンとしても

Kanako@NAGOYA(@kanachapin55)がシェアした投稿 –

応援隊長同士、ともに進んでまいりましょう♪

▼▼娘のYouTube絵本はこちらです▼▼

 

 

自分らしく、お子さんと彩り豊かで充実した毎日過ごす秘訣【ママが自分自身と向き合うこと】のコツをママ英語講座でシェア中です♥

オンラインでどこからでも受講可能^^♪
今年はオフ会的なものもできたらいいなーーー!と思ってるよ♥