【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①

成長するにつれて、お子さんの

「歯並び」が気になるママも

出てくるのではないかと思います。

 

私もその一人でした~。

実は娘は、幼稚園年長の時から

矯正歯科に通っていたのです。
(現在は小学校4年生)

 

うちの娘は、乳歯の時点で

乳歯が抜けない程ギチギチに

歯が詰まって生えていました。

 

こんな感じでキッチキチに詰まってました。

乳歯と乳歯の間にはスキマがあるのがいいそうです。

 

一般的には乳歯よりも

永久歯の方がサイズが大きいため、

乳歯の時点で詰まって生えていると

永久歯がまっすぐ生えてこられず

かみ合わせの問題から健康にも

影響しそうだと感じていました。

 

アゴの力を育てながら歯並びを

整えられるマウスピース矯正に

とても魅力を感じていて、

永久歯が生える前に取り組みたい

…と親の私は考えていました。

 

マウスピース矯正のプレオルソは、

「歯並び」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲み込みや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としています。

プレオルソHP より

 

という言葉通り、

矯正器具に100%頼らずに

舌や口元のトレーニング、

飲み込みのトレーニングなどをして

自力で口周りの力やバランスを

獲得して歯並びを良くする方向に

持っていくという方針だったことに

私は魅力を感じたんです。

 

私自身は、過去に

ワイヤー矯正をしていました。
(ブラケットを付ける矯正)

痛くても取り外せないストレスや

口内炎の大量発生…などもあり、

ワイヤー以外の矯正があれば

いいなーと思っていました。

 

ということで娘には、

マウスピースでの矯正をしています。

 

実際に4年ほど

マウスピース矯正をしてみて

どうなのか、情報をシェアしますね。

 

まず、キチキチの乳歯同士の間に

スキマができ、無事に乳歯が抜け…

生えてきたのが・・・

どでかい永久歯でした。

 

デカすぎて乳歯のスペースに収まらないので
かぶさって生えてきてしまいました。

 

約4年経った今ではこんな感じです。

まだ途中ですが、綺麗に収まってきた~~♪

本人も成果が見えるので嬉しいようです。

 

メリット、デメリットについては

改めて別記事でお話します。

 

プレオルソは、

ただ装着するだけでは

効果がないと言われています。

 

プレオルソを使うにあたって、

欠かせないのがトレーニングです。

 

その中の一つがこれなんですが、

何をしているかわかりますか?

 

 

水を入れたペットボトルに

タコ糸をくくり付けたものを

口の周りの筋肉で支えているんです。

 

大きく写すとこんな感じです。

 

タコ糸がビロビロ出ているのは、

何度も糸の長さ調整をしたためです。

 

入れるのは水だけでいいのですが、

娘は水で膨張するゼリーボールを入れ

ちょっとポップな感じにしています。

 

このタコ糸を
(糸の先にボタンが付いています)

歯に挟まずに、唇の力だけで

容器の重量に耐えることで、

口周りの力を付けていきます。

 

このトレーニングを始めたのは

小学校1,2年くらいの時。

500mlの容器から始めました。

毎日30分はこのトレーニングを

することになっています。
(サボってしまう時もよくあるw)

 

このトレーニング中は

読書をするか動画を見るか

気が紛れることをしています。

 

動画の場合、トレーニングに

合わせて視聴が開始できる

動画配信サービスを利用します。

 

わが家が使っている動画配信サービス▼

【子育てに活用!動画配信サービス】AmazonプライムユーザーがU-NEXTを使ってみた結果♥

 

トレーニングは長い間続くので、

本人が嫌がらずに続けられることが

プレオルソ成功のカギだと思います!

 

*****************

わが家が唯一お世話になった

コスパ最強の幼児教育講座はこちら。

 

受講体験記もご覧くださいね~!

https://mamaeigo-nagoya.com/archives/5663

 

★ーーー☆ーー★ーーー☆ーー★ーーー☆ーー★ーーー☆

◎note始めました◎

【発達障害&脳障害の現役ママ発】
大きくなって赤ちゃんからの発達をやり直した私だからこそ伝えられることを発信中!

・療育、発達支援を受ける側の視点からのお話
例:学習障害、知ってるつもり?(識字障害・ディスレクシア編①)

・どんなことがどういう発達につながったか
例:意識障害から覚めてからのざっくりリハビリ記録

・言葉や動きを獲得していく上で大切だったこと
例:学習障害、知ってるつもり?(識字障害・ディスレクシア編②)

・支援されるうえで力づけられたorNGな言葉がけや接し方
例:施設での療育をどのように感じていたか

・おうちでできる療育や発達を促す取り組み
例:【おうちでできる療育】発達支援で軽視されがちな点 など・・・

 

◎YouTube「学習障害かあちゃんねる」

【見えない障害】を持つ当事者視点での情報や、発達障害、高次脳機能障害とともに人生を彩り豊かに前向きに進んでいくコツをYouTubeで発信中です。

 

◎Instagram◎

宇宙のささやきに耳をすませながら、スピリチュアリティも大切に子育てをしています。
援助される側の視点も持ちながら、子育てにリハビリの経験を活かした取り組みも入れています♪
定型発達であっても、発達を援助する取り組みは成長過程でとても大事だと体感しています。
子育てのアイデアなど、受け取っていただけたらうれしいです^^