【絵本】読み聞かせの正しい方法は?正解ってあるの?

 

「お話は、ゆっくり静かに読むべきで絵本の言葉を淡々と読むのが正解?」

「それとも、お話しながら読み進めるのが正解なんでしょうか…?」

これは、本当に多くのママが揺れている問題だと思うんです。実際に、私もレッスンやセミナーなど様々な場所でこういった疑問を耳にしたことがあります。

ここでは、読み聞かせは【どういう方法が正解なのか?】ということについてお伝えしたいと思います。

 

私も揺れていたママだった

実を言うと、私自身も揺れていたママの一人なんですよね。
だから、何をまー、偉そうに語っているのか…って感じなのですがw

10年前、初めての育児で、失敗は絶対にできない、この子を賢く幸せに育てるんだ!!と意気込んでいた私は、子育て本などの情報の中から、とりあえず、絵本の読み聞かせはたーーーくさんしたほうがいいということを仕入れ、もう読み聞かせまくりました。

 

対話式読み聞かせへの違和感

対話式読み聞かせってご存知ですか?
この、「対話式読み聞かせ」っていう読み聞かせ法を知った時、私はちょっと混乱したんですね。

というのも私は、まず「対話式読み聞かせ」という名前が???だと感じたんですね。
読み聞かせなのに対話?って。この時はまだ、対話=言語でのコミュニケーションだと思っていたんです。

推奨されている対話式読み聞かせとして紹介されている3つのポイントは、

1.これは何?という質問を多くする
(絵本を見ながらこれは何?とか、これは何だと思う?などの質問をするそう)

2.絵本を一緒に読みながら制約のない会話をする
(つまり解答がある話でなくてもいいので、とにかく子どもに自由に発想させる)

3.子どもの興味に沿って会話を進める
(決して親が一方的に押し付ける会話ではないということですね)

これを見てまず私、「質問したりしてどんどん語り掛けるやり方」なんだな、って思ってました。

もちろん、それも間違いなわけではないんだけど、「子に空想させたりする余白を与えるゆったりした読み方」や、「ストーリーを追って淡々と読んでいくやり方」とは相反するように思ったんですね。

 

先入観が違和感を作っていた

「対話式読み聞かせ」なので、対話しながら、というのはもちろんその通り…なのですが、対話というのは言語を使ってするコミュニケーションだけを言うのではなく、非言語で感じる所からの対話も含まれるんですね。

これは、私にとって本当に盲点でした。そう、「対話式読み聞かせ」は子供の観察ってのがあってこそのお話なんですね。

絵本をツールとしてお子さんと対話をするというのは、表面的な言語での対話を意味するだけでなく、視線や息づかいや表情なんかから、心との対話をするということも含まれるんです。そのことに気が付いたとき、私はやっと混乱から抜け出せました。

「今は頭の中で何かやってるな」と思ったら、そっとしておく。

「聞いてほしいんだな、披露したいんだな」と思ったら、聞いてあげる。

「同じようなことやってみたいのかも」と思ったら、アクティビティにつなげる。

「あ、これつまらなそうだな」と思ったら、今日の所はやめにしてみる。

「おお!これ好きそう!」と思ったら、同じような本を探してみる。

などなど・・・。

 

「対話」はコミュニケーション

こんな風に、絵本をツールとしてお子さんとコミュニケーションをとって進めていくのが、対話式読み聞かせなんですね。

なので、先にもお話した通り、対話式読み聞かせにおいて一番大切なのは「観察」です。観察なくして、質問攻めにしたりペチャクチャまくし立てるのは対話式読み聞かせじゃないんです。

この点は、けっこう勘違いされている人もいるんじゃないかと思います。(私は盛大に勘違いしていました!)
一方的に読むだけだとコミュニケーションじゃありません。たとえ絵本を読んでいても、そこに聞き手として存在するお子さんと共有してはじめてコミュニケーションになるんです。

娘に絵本を読み聞かせまくっていた昔の私を思い返すと、完全に自分の都合で読んでいたので(汗)、絵本を読んではいましたが、コミュニケーションできてなかった・・・かな。

 

読み聞かせの正解

読み聞かせに正解はない!と言うのも半分正しくて半分間違いみたいな風に思ってます。だってさ、「読み聞かせ」って、相手が居てのことですよね。私がここで話しているのはコミュニケーションとしての読み聞かせです。

だから、絵本の読み聞かせに正解があるならば、それは「対話」をしているかどうか。

冒頭に出した2つの相反するように見えた質問、「お話は、ゆっくり静かに読むべきで絵本の言葉を淡々と読むのが正解?」「それとも、お話しながら読み進めるのが正解なんでしょうか…?」。これ、実は両方とも仲間なんですよね。聞き手と対話することで導き出した読み聞かせの方法ならば。

ゆっくり静かに読んで絵本の言葉を淡々と読むのも、聞き手の様子と対話して決めたのなら対話式。

お話しながら読み進めるのも、もちろん対話式。

だからね、相手と対話して導き出した読み方なら正しいんですよ♪
自信を持って、Happy reading!!