【絵本育児】3歳②

ウチの子たちが読んでいた本を年齢別に紹介します♥

絵本は年齢というより興味でえらんでいます^^

 

【だいおういかのいかたろう】

ダンスの部分が特にお気に入りでいかダンスにハマっていました。

ここから、以下をさばくアクティビティに繋がりました。

いかが食べられる話でもないんですけど、イカのカラダに興味がわいたみたい。


だいおういかのいかたろう (ひまわりえほんシリーズ)

 

【きつねのおきゃくさま】

頼りにされること、信じられることが、こんなにも相手のことを変えるんですね。

絵も優しくて、読んでてこちらが泣けてしまう。

終わりの方を神妙な面持ちで見るようになった時、成長を感じました。


きつねのおきゃくさま (創作えほん)

 

【The Gingerbread Man】

お話の調子が好きみたいでした。ロシア民話の「まるぱんころころ」も大好き。


The Gingerbreadman The Complete Story Paperback


紙芝居 まるぱんころころ (紙芝居 世界のおはなし傑作選)

 



*Kanakoは街の本屋さんを応援しています♪

 

*****************

わが家が唯一お世話になった

コスパ最強の幼児教育講座はこちら。

 

受講体験記もご覧くださいね~!

https://mamaeigo-nagoya.com/archives/5663

 

★ーーー☆ーー★ーーー☆ーー★ーーー☆ーー★ーーー☆

◎note始めました◎

【発達障害&脳障害の現役ママ発】
大きくなって赤ちゃんからの発達をやり直した私だからこそ伝えられることを発信中!

・療育、発達支援を受ける側の視点からのお話
例:学習障害、知ってるつもり?(識字障害・ディスレクシア編①)

・どんなことがどういう発達につながったか
例:意識障害から覚めてからのざっくりリハビリ記録

・言葉や動きを獲得していく上で大切だったこと
例:学習障害、知ってるつもり?(識字障害・ディスレクシア編②)

・支援されるうえで力づけられたorNGな言葉がけや接し方
例:施設での療育をどのように感じていたか

・おうちでできる療育や発達を促す取り組み
例:【おうちでできる療育】発達支援で軽視されがちな点 など・・・

 

◎YouTube「学習障害かあちゃんねる」

【見えない障害】を持つ当事者視点での情報や、発達障害、高次脳機能障害とともに人生を彩り豊かに前向きに進んでいくコツをYouTubeで発信中です。

 

◎Instagram◎

宇宙のささやきに耳をすませながら、スピリチュアリティも大切に子育てをしています。
援助される側の視点も持ちながら、子育てにリハビリの経験を活かした取り組みも入れています♪
定型発達であっても、発達を援助する取り組みは成長過程でとても大事だと体感しています。
子育てのアイデアなど、受け取っていただけたらうれしいです^^

 




前の記事

【絵本紹介】3歳①

次の記事

【絵本育児】3歳③