【赤ちゃんからでも意味ある?】モンテッソーリ教育っていつからするの?

私は、中学生で赤ちゃんに戻り

その頃から療育を受けていました。

 

リハビリを経験した私は、

モンテッソーリ教育と

リハビリの共通点を感じました。

 

私が受けていたのは、

理学療法という運動のリハビリ、

主に手先を使う作業のリハビリ、

言語(構語)障害があったため

言語のリハビリの3種類。

モンテッソーリ教育にも、

運動系、感覚や巧緻性、

言葉の発達の取り組みなどがあり

カバーする分野もやっぱり

似ているなと感じた私です^^

備わっている、育つ力、

伸びる力を支援するという点は

共通していると感じます^^

 

私は「モンテッソーリ教育」

というカッチリした教育法で

子どもたちを育てていませんが

手先、感覚、言語など、私自身が

リハビリで体験した発達に必要な

要素を取り入れ育児しています。

 

多くの方から

「それってモンテッソーリ教育だよね」

「おうちモンテやってるんですね」

というお言葉をいただくくらいです。

 

していることは、教具のない

モンテッソーリ教育なのかもしれません。

 

だとすれば、

モンテッソーリ教育は本当に

赤ちゃんから使えるものですよ。

 

詳しくはこちらの動画で!

 

▼▼▽▽▼▼▽▽▼▼▽▽▼▼▽▽

学習障害かあちゃんねる、フォローお願いします♪

障害のあるなしに関わらず、様々な人と生きる社会でお役に立てる情報を配信中です。

チャンネル登録よろしくお願いいたします◎