【子どもの歯列矯正】プレオルソ体験談②~かかる費用はどれくらい?~

 

わが家の長女が実際にプレオルソで矯正をはじめる時に、やっぱり気になったのがお金のこと。

【矯正=お金がかかる】という公式が頭の中にあったので・・・。わが家の場合、実際どれくらいの支払いをしたのか、保険はきいたのか、歯医者によって支払額は違うのか、ということをお話したいと思います。

▼▼▼プレオルソ体験記①はこちら▼▼▼

【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①

 

どれくらいの支払いなの?

娘が通っている歯医者の場合、毎回の通院は基本的に一カ月に一回。
そして、そのたびにわが家から支払うお金は基本的に0円です。初診の時ですら0円で済みまして、これにはビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

顎(あご)の成長とともにマウスピースを変えていくので、マウスピースを変える時に1万円+消費税がかかります。娘は幼稚園年長から歯医者に通いはじめ、マウスピースの付け始めが低年齢でした。始める年齢が小さいと、成長著しいぶん、マウスピースの交換数も多くなってくるのかなー、というのが母の感覚。

あ、支払いはワイヤー矯正(ブラケット装着)に比べるとお安いですが、継続しなきゃならないトレーニングがあります。このトレーニングができないと、プレオルソによる矯正の効果は半減どころかゼロ!!(と、私たちは歯医者さんでこんこんと言い聞かせられています)なので、支払い金額だけにフォーカスせずにね~^^

あとはやっぱり歯磨きもマスト!
普通の歯ブラシとは別でこれがあると便利です。


ラピス(Lapis) 歯科用 LA-001 【Lapis ワンタフトブラシ パール】 ふつう アソート キャップ1個付【日本製】 セット 6本セット

 

保険はきくの?

わが家の支払いが基本的に0円だというのは、診療が小児歯科の保険内だから。
こども医療証と保険証アーンド診察券をお忘れなく。
※プレオルソ自体は保険外ですので、マウスピース代は支払っていますよ。(後述しています。)

でも、小児歯科の診療保険内でやってくれるところと、そうでないところがあるそうです。娘がマウスピース矯正をはじめる前に他の歯医者へ電話したら、初診で3万はかかると言われました。私は特にほかの歯医者を調べていなかったので、そんなもんかー、と思ってとりあえず5万用意しました。

そのあとで、もっと近所に小児の矯正をしている歯医者さん(今通っている所です)があると知り、5万を握りしめて行ったところ・・・。初診では一円も請求されませんでした。これにはホントびっくり。何度も受付の方に確認しちゃいました。すると、「大丈夫ですよ、うちは保険内診療なのでねー!」だって。なんか、5万儲けた気になってwウハウハしてしまった単純な私。

プレオルソの器具(マウスピース)は保険外ですが、娘が通っている歯医者では、毎回の診察に保険がきいてます^^

費用は歯医者しだい?

ということで、私のリアルな経験としては2つの歯医者しか知りませんが(汗)、実際に保護者として問い合わせた時に受け取った答えとしては、「歯医者によって支払う金額は違うよ」ということでした。

前述した金額の差が、単純に診療が保険内か保険外かという違いなのかはわかりません。何か特別なことをしてお金がかかっているのかもしれないですしねー。
歯医者によって支払金額は違うということを、歯医者選びをされる際に頭に入れておくと、私のようにせっかちなことをせずに済みます。

ちなみに、毎回の支払い額が基本ゼロ円の娘が通う歯医者でも、初診でしっかりお口の写真撮影やヒアリング、治療方針の説明等やってくれましたよ^^♪

 

ローン?都度払い?

ローンを組むのかどうなのか、ということが気になる方もいらっしゃるかもしれませんよね。

わが家の場合、母親である私自身、小学校から高校までワイヤー矯正(ブラケット矯正)をしていたので、両親から、あんたの歯には「100万のローンがかかってんだからね~。」と聞かされていました。
だから、娘が矯正となったときも、ローンかなー…100万かな…とドキドキしていました。

巷のプレオルソ事情は各自でお調べいただければ、と思いますが、我が家の場合は都度払い。
一応、一括で払った方がいいのかも聞いてみましたが、何回マウスピースを取り換えることになるかがわからないということで、マウスピース交換の時の都度払いということになりました。

小4現在、マウスピースの交換は6回ほどしています。だから6万+税だよね。

 

【矯正=お金がかかる】とは限らない世の中になってきているんだなー。時代の流れ、すごーい。

保護者にとっては、お金のことってもちろん大事ですが・・・矯正については、お金だけで選ぶのではなく、先生や歯医者との相性も大事になってくるとひしひしと感じます(うん、経験者は語る!!)。

またその点についてもリアルな体験からのレポートをしたいと思います^^