ママでなきゃ伝えられないモノ、伝えてますか?

大きくなればできるようなこと、

一般的に教わるようなこと。

 

わが家では、そういうことは

今あえてママの私が、

伝えたり、教えたりしなくても

いっかな~、って思っています。

 

 

例えば、

広い世界にはどんな国があるとか

アナログな手紙も良いよ、とか…

 

今、したいことって

何かを詰め込むことじゃなくて

 

大きくなったら

きっと誰かが理屈とともに

教えてくれることを、

ワクワクとともに

我が子とシェアするという経験。

 

 

ひょんなことから、

読書の興味だって広がります。

 

 

こちら、娘の希望で

手紙に同封したものです。

 

手裏剣をスウェーデンにも広めたいそう。

上から順に、

じゅうじ・かしゃけん・はっぽう

という手裏剣だということです。

 

 

 

そして、もう一つ

今だからしたいこと!

 

没頭したいことを

気が済むまでさせること。

(これ結構難しいけどw)

 

没頭させてると、

ふとした時に、心がザワザワ。

周りを見て焦ったり…。

そんな時にはこれ読んで復活!

 

 

 

目指したいのは、

「歩く」我が子を

早く歩けるようにすること?

「自転車をこぐ」我が子を

早くこげるようにすること?

 

私は、

子供時代って、

「早くできること」

「早く目的地に着くこと」

そういうことを考えずに、

道草できる貴重な時だな~♥

って、思っています^^

 

 

そして、

自分で選んだ道草では

私たち大人が与えるモノより

はるかに多くのことを

学んでくるんですね。

 

 

ママだからこそ

伝えられることって、

我が子用にカスタマイズ

できることって、何でしょう?