失敗しないプレオルソ生活のために用意したもの&トレーニング

プレオルソでの矯正で結果を出すためにやっていたトレーニングと用意したものを紹介します!
実際に私が使っていたモノ、続けられたこと、そして続けられなかったことやこんな風にしたよ!ってこともお伝えしまーす♪

プレオルソでの矯正は、あごの成長を利用した方法で矯正器具の力に頼るだけの歯列矯正ではありません。親の私の感じたこととしては、子ども自身の成長する力に頼る部分が結構大きいかなー、という印象。費用的には抑えられるものの、結果は出したいですよね。今回は、実際にわが家の娘がプレオルソ生活で使っていたものやトレーニングについてお話します。

まだプレオルソ途中ですが、乳歯の時点でキチキチだった所にこんなに大きな歯が何事もなかったかのように収まっただけでもかなりの驚きです!

 

トレーニングが必要な理由

プレオルソでの矯正を選んだのは、メリットだと感じる部分が多かったから。母親の私自身が小学校から高校までワイヤー矯正(ブラケット矯正)をしていて、かなり辛かったという経験も、プレオルソを選んだ一つの理由になりました。詳しくは、【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①~はじめるまで&途中経過~にて紹介しています。

ワイヤー矯正と違って取り外しができるというのがメリットではありますが、時間を決めて正しい位置で装着する習慣や口や口周りの力を自分でつけなければいけないという点もあります。

娘の場合、あごが小さく口元も緩んでいました。口元が緩んでいたというのは、いわゆるポカン口。テレビを見ている時などボーっとしていると口が開いてしまう口元。あごの成長する力を最大限に活用して歯の入るスペースを作って強いあごにしていく必要がありますので、そのためにトレーニングをします。

 

使っていたもの

それでは、実際に使用していたものをご紹介します。

テープ

就寝中にマウスピースをはめますが、寝ている間にマウスピースが口から出てしまわないように、マウスピース装着後口を閉じてテープを貼ります。テープを貼ることによって、寝ている間にマウスピースがずれることなくしっかりと歯に装着されます。

わが家は「サージカルテープ」を使用していました。小学校低学年までは細幅のものをバッテンにして使っていました(ミッフィーちゃんみたいな感じ)。その後は太幅のものを一か所留めで使用しています。薬局でひとつづつ買うこともできますが、合うものを見つけたら、まとめて購入しておくとテープ切れであわてることがないですよ。


ペットボトル

下で紹介するペットボトルを使ったトレーニングで使用しました。タコ糸とボタンも使ってトレーニング用のペットボトル装置を作ることができます。

ビスケット、ガム

お菓子ですが、下で紹介するトレーニングで使用しました。ビスケットは、唾液でだんだん溶けていくくらいの薄いものがいいです。ガムは、噛んでいるとなくなってしまうガムでないもので。

ポイント歯ブラシ

マウスピース矯正のメリットの一つに、歯磨きの時に装置を外してしっかり磨けるということがあります。歯並びが良くないと隠れた汚れなど見落としがちなので、普通の歯ブラシに加え細かい所が磨けるポイント磨き用の歯ブラシを使っています。

 

やっていたトレーニング

寝ている間にマウスピースを口に装着するというのが一番長いトレーニング(?)にはなるのですが、それ以外でやっていたのはこのようなことです。やった順番にご紹介します。すべて、鼻呼吸のトレーニングにもなります。

唾液・水をためる

一番初めにしたのは、意識的に口の中に唾液をためる練習。唾液を出すのが目的ではなく、口を閉じて鼻呼吸に慣れるというのが目的。その後、水を口に含ませ一定時間飲まないで貯めておくということもしました。水を含んで貯めておくことが、唇を意識的に力を入れて閉じる練習にもなっていました。

ビスケットを使ったトレーニング

ビスケットをしたの上にのせて、口を閉じます。唾液でふやけてくるので、ふやけてきたら舌を使ってビスケットを上あごに押し当て、舌の力でビスケットを潰します。舌の力をつけるトレーニングだそうです。

ガムを使ったトレーニング

ガムを奥歯で噛んで柔らかくしたら、舌でガムを丸くまとめます。丸くまとめたガムを上あごに貼り付け、舌を使ってガムの塊が平らになるように押し広げます。これも舌の力を付けるトレーニングです。

ペットボトルを使ったトレーニング

ペットボトルの中に水を入れ、そのペットボトルをタコ糸で吊るし唇の力で落ちないようにキープします。詳しいやり方は、【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①~はじめるまで&途中経過~で画像付きで説明しています。

トレーニング中は動画配信サービスを利用して気を紛らわせていました。
わが家が利用しているサービスは【子育てに活用!動画配信サービス】AmazonプライムユーザーがU-NEXTを使ってみた結果♥でチェックしてみてください^^

 

続かなかったトレーニング

娘は続けられなかったのですが、あいうべ体操というトレーニングもあります。あいうべ体操も、舌の位置の改善や口呼吸を鼻呼吸へ促す効果があると言われています。

とても簡単なのですが、なぜかとても嫌がりました。あまりしつこく声掛けをして他のトレーニングのやる気まで削ぐことになっても嫌だな~、と思った私は、あいうべ体操をしない娘を見逃すことにしました(笑)

トレーニングに関しては、お子さんにとってはまぁまぁ面倒くさいものなのかなーと思います。親御さんの愛のある声掛けが大事だと思いますが、監視の鬼になってしまうと親も子も疲れてしまうかな。歯医者さんには「お母さんから言ってください!!」と強く押されますが、子どもの見張り役のようなポジションになってしまうと、マウスピース矯正が辛いものになってしまいます。歯並びを良くするサポートもですが、お子さんのメンタルサポートもしていきましょう♪

今回もお読みくださりありがとうございました。

 

◎プレオルソ関連記事◎

【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①

【子どもの歯列矯正】プレオルソ体験談②~かかる費用はどれくらい?~

【子どもの矯正】プレオルソ体験談③~スタート時期は?大人でもできる?~

【プレオルソのデメリット】プレオルソ体験談④~副作用は?こんないいことも?~

 

私も3人(小5長女・小1長男・2歳次男)の母親です!
ママ自身を大切にする幸せな子育てライフ、ともに楽しんでいきましょう^^

わが家のお金をかけずに心をかける家庭教育の中間報告
>>おうち時間を大切にしたら、こうなりました!で、おうち時間を大切に塾も教材もナシで来た長女が、グローバルな視点で大学生や社会人の方たちと日本の未来についてスピーチし合い賞をいただけたことを記事にしています。

少ない教育費で今も未来も豊かに!!を引き寄せましょ♪

お教室や教材に頼らずとも、ママが家庭でできることはたくさんあります!

SNS映えする華やかなことではなくシンプルなことを積み重ねる。

愛情あふれる家庭教育を一緒にしていきませんか?

いつでもお待ちしています!

おためしママ英語

ママ英語講座

 

【おススメ記事】

子育てあるある人気記事
子どもの歯列矯正体験談~かかる費用は?~

親ができること人気記事
【○○しない育児】わが子のために親ができることとは?
【賢い子の土台】適塩で健やかな子育て

読み聞かせ関係人気記事
【絵本】読み聞かせの正しい方法は?正解ってあるの?

 

今も未来も豊かな子育てライフを引き寄せる一歩!
Kanakoと繋がる公式LINEはこちら↓

友だち追加

【QRコードでも追加できます】

◎おためし講座の予約や急ぎの質問はこちらからだとスムーズです(^O^)/