【学校・園あるある】子どもの「行きたくない・登校渋り」|どう向き合う?

広告
息子が幼稚園に行きたがらないんだけど、そういうことありましたか?
ただ今、わが家の息子も絶賛イヤイヤ中…。試されてますよね、親がw

 

実はうちの坊ちゃんも、幼稚園に行きたくない!と言ってまして・・・

だから、これはわが家にとっても結構タイムリーな問題です。

子どもはどんな気持ちからこの言葉を発しているのでしょうか。

また、行かせたい!と思ってしまう親の気持ちの裏側も見てみましょう。

 

広告

「子どものため」の裏側

実は、今小学校の娘の時も、幼稚園の年長になってこういうことがありました。

そのとき私がどうしたかと言いますと…、休ませました。

「幼稚園に行きたくない」というのは一日で終わりとはならないので、わが家の場合は2、3週間続きましたね。

母親の自分自身の評価を気にしていた

休む期間が一週間を超えてくると、母親の私の方がドキドキしてきます。

主人にも、「そんな休ませてると、社会に適応できなくなるよ」なんて言われたり、他のお母さんの目や先生からの電話に親がビクビクしてきます。

  • 社会に出たらイヤなことはいっぱいあるんだから我慢させないといけないんじゃないか
  • 思い通りに行かないことへの免疫がなくなるのではないか
  • イヤなことへの逃げグセがついてしまうんじゃないか

こんなことが、私の頭の中をぐるぐるしていました。でも、ふと思ったことがありました。

私は、子どもを甘やかしているダメ母親だと思われたくないという気持ちが強いんじゃないかと。

母親自身の承認欲求

青字で箇条書きにした懸念というのは表面的なものじゃないか。

もちろん、集団行動で上手くやっていくために必要だと言われていること。

「母親の私はこう考えていますよ」ということを周りの人に知ってもらって、まともな母親だと思ってもらいたいがために娘を幼稚園に行かせたいんじゃないか、とふと思ったんですね。

私は、コンプレックスいっぱいで大人になり、そして母親になったタイプだったので、誰かに認めてもらいたい欲求というのがとても強かったんですね。

過去にはギラギラの危ない系教育ママだったんですが、それは子どもが認められること=自分が認められることと勘違いしていたことも大きく関係していたんじゃないかと思うんです。

「わが子のため」という隠れ蓑を使っていたということ。

 

絶好の修正期にもなる

結局、長女はしばらく休んだ後、幼稚園に復帰しました。

年長になると、子どもの「イヤ」にも理由が出てくるのです。

ここを子どもが母親の顔色を伺わずに出せるか、がカギになってくるんじゃないかな~、と思います。

なれ合いではなく、風通しのいい関係を親子で作れているかどうかがこういったときにわかるので、ある意味いい修正の機会とも取れますよね♪

 

広告

この時期を特別視しない

今感じるのは、

  • 社会に出たらイヤなことはいっぱいあるんだから我慢させないといけないんじゃないか
  • 思い通りに行かないことへの免疫がなくなるのではないか
  • イヤなことへの逃げグセがついてしまうんじゃないか

このどれも、あの幼稚園年長の2,3週間の「幼稚園行きたくない」期にあえて無理やり行かせることで教え込むことができるとは到底思えないよなー、ということ。

子どもの心に残る思い出と言えば「お母さんに無理やり行かされてイヤだった」くらいのことだと思います。

小学校高学年になった今では、娘の場合、上記のような心配は杞憂でした。

もし、これらのことが出てくる場合には、幼稚園を休ませる云々の話だけではないように感じます。

 

イヤイヤ期、終わりましたか~?

イヤイヤ期を乗り越える育児ハック術5選|12年間のイヤイヤ期からの学び

 

「行ったら楽しい」はホント?

さて、息子は現在進行形で幼稚園に行きたくない病です。

子どもとはいえコミュニティで上手くやっていく能力は成長していますので、行ったら行ったで楽しく過ごします。

だけど、「行ったら楽しそうにしている=幼稚園が好き」ではないですよね。

私だって学校がとてつもなくイヤでしたが、行かないと怒られるので行ったし、行ったからにはその時間はなんやかんやごまかして上手くやりました。

そんな経験ないですか?

「行けば楽しい」は自分の気持ちを無視して行動した自分を納得させる言葉だって思っています。

 

広告

我慢という言葉

今朝、息子から聞いた言葉でビックリしたのが、「我慢して(幼稚園に)行かないといけないんだ」というものでした。どうやら、自分の言葉ではないようでしたが。

私たちは、「我慢する」という言葉を、「自分の気持ちに蓋をする、見ないふりをする」という意味で使っています。私たちは小さい頃から、本当の自分の気持ちから目を背けてニコニコとしていることがあるべき姿だと教え込まれているんだと思うと、切なくなります・・・。

 

お子さんの「幼稚園行きたくない」「○○に行きたくない」が出てきた時は、お母さんが試されていると思いましょう。

イライラするのはナゼですか?

行かせることで得られるメリットは何でしょう?

私たちの価値観で決めつけていませんか?

本当の気持ちを無視して行動した自分を納得させる言葉で、お母さん自身の奥底にある気持ちを誤魔化していませんか?

その決断は、本当にお子さんのためですか?

 

お母さんも、お子さんも生きやすいパラレルを選択できる時代です^^

一緒に進んでいけることをうれしく思っています♥

 

こちらもどうぞ!

毒親にならないで幸せな子育てをする秘訣|○○を大事にするだけ!

 

★LINE登録で「0円でできる一生モノの家庭教育」の動画をGETいただけるようになりました!
友だち追加

私も3人(小5長女・小1長男・2歳次男)の母親です!
ママ自身を大切にする幸せな子育てライフ、ともに楽しんでいきましょう^^

親の能力や経済力に関係なく祖どもの可能性を引き出す子育てを応援しています♪

お教室や教材に頼らずとも、ママが家庭でできることはたくさんあります!

SNS映えする華やかなことではなくシンプルなことを積み重ねる。

愛情あふれる家庭教育を一緒にしていきませんか?

いつでもお待ちしています!

おためしママ英語

ママ英語講座

 

今も未来も豊かな子育てライフを引き寄せる一歩!
Kanakoと繋がる公式LINEはこちら↓

友だち追加

◎おためし講座の予約や急ぎの質問はこちらからだとスムーズです(^O^)/