読み聞かせは何歳までするのが正解?文字が読める子に読み聞かせする意味は?

広告

絵本の読み聞かせっていつまでやるのが正解なのかなー?
「読み聞かせ」って聞くと、小さい子にやってあげるイメージだけど。
文字が読めるようになるまで一緒に読んであげればいいのかな?
わが家の場合は、10歳になっても読み聞かせしていましたよ♪

「草双紙」より 渓斎英泉
読み聞かせって、やっぱり昔からずっと日常にあるんですね。

 

絵本の読み聞かせをされているご家庭でも、お子さんが自分で本を読めるようになると、読み聞かせをしなくなってしまうということが多いのではないでしょうか。

読み聞かせは文字の読めない小さな子どもにするものだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、小学校に上がってからでも、一味違った読み聞かせを楽しむことができるのです。

では、読み聞かせの終わりに正解はあるのでしょうか?

文字が読める子に読み聞かせする意味も合わせて、シェアしていきます。

絵本の読み聞かせを習慣にされている方の参考になれば幸いです。

 

この記事を読んでわかること
  • 読み聞かせの終わりの時期は?
  • 成長しても読み聞かせを続ける意味はあるの?
  • 絵本の読み聞かせから自力読みに早めに移行させるべき?
  • 字だけの本に移行するまでに、私たち親ができるとても大切なこととは?

 

広告

読み聞かせの終わりって?

超読み聞かせを息子さんに実践されたランディー由紀子さんはこう仰っています。

年齢に関して言えば、子どもに本を読んであげる時期は0歳から中学生くらいまでとお考え下さい。もちろん、中学生以上でも続けられる方は継続されると良いですが、そのくらいの年齢になりますと、子どもたちは親と一緒に何かをしてくれなくなってしまいますよね。

確かに、子どもは大きくなると、親と一緒に何かをしてくれなくなってしまいますね。

ちなみに由紀子さんは、息子さんが8歳か9歳くらいの時には、物理や科学、哲学や歴史について読み聞かせをされていたそうです。

読み聞かせの文量や、内容の深さを成長度合いに合わせていくことで、継続できますね。

 

ランディー由紀子さんは、子育てママのための馬セミナーもされています!

ランディー由紀子さんの馬セミナーでの学び|子育てのココに効く【TOP3】

子どものサインを観察する

普段から、お子さんを観察しているかも大事になってきます。

というのも、お子さんなりに「読み聞かせはもういいよ」という何らかのサインを発するからです。

これは、日頃のコミュニケーションからの体感ベースで『感じる』ものです。

わが家にはまだ読み聞かせを終わりにしてほしいというようなサインはありません。

娘に、読み聞かせいつまで続けようか?と聞いたところ、「”もういい”って言うまで」と言っていました。

お子さんによって、「もういい」の時期は異なりますので、やはりお子さんの観察が大事になってきますね。

 

文字を読むことに疲れてしまう子どももいる

また、観察していると気づく方もいらっしゃると思いますが、お子さんが文字を読むことにフォーカスしてしまい、絵本を楽しめていないという場合もあります。

絵本が好きであっても、文字が読めるからと読み聞かせを早く切り上げるのは少し待ってくださいね。

なぜなら、「文字を読むのが面倒くさいから本キライ」となる可能性があるので、もったいないからです。

お子さんを観察しつつ、様子を見ながら徐々に、完全な自力読みに移行するのがベストですね!

 

「もったいない!」意外な理由はこちら 

絵本の読み聞かせをして育てても本嫌いになる?意外と知らないその理由とは

 

成長してからの読み聞かせ

小さい頃にする読み聞かせと、大きくなってからする読み聞かせでは何が違うのでしょう?

自分で読書ができる子に読み聞かせをしてあげることは必要なのでしょうか。

大きくなってから読み聞かせする意味とは何でしょう?

 

会話のきっかけができる

成長してからの読み聞かせの大きな意味の一つとして、会話のきっかけができるということがあります。

小さな頃は、何気ないことでも無邪気に話してくれたお子さんでも、成長するにつれて変わります。

小学校中学年以降になると、小さい頃のようには話してくれなくなることも。

ですが、絵本というツールを通して学校のことを話してくれるきっかけができたりします。

園や学校のことをポロリ、自分の感情をポロリ、週末にしてみたいことをポロリ…

という風に芋づる式に出てくるんですね。

形だけの読み聞かせではなく、親がリラックスした雰囲気で読むのがポイントです。

 

形だけの読み聞かせをしていた頃の失敗談

【大失敗】絵本の読み聞かせの落とし穴|知らなきゃヤバイ絵本育児の罠

 

絵本から本への移行期を知れる

成長とともに、絵本の内容もレベルアップしていきますよね。

小さい頃だと、最初はほとんど字のない絵本からのスタートだったかもしれません。

そこからだんだんと文量、内容の深さともに増えていきますね。

そして、読み聞かせを続けていると、あるタイミングで絵より文を味わう子も出てきます

ストーリーの内容から自分でイメージを膨らませるのです。

 

読み聞かせは絵本だけじゃない

緻密な絵の載っている本や、細部までリアルに写されている写真の付いた図鑑を好むお子さんもいるでしょう。

「絵本」と分類される本だけが読み聞かせに適しているわけではありません。

文字が多すぎるとか少なすぎるとか関係なく、子どもが選んだ本であれば「絵本」でなくていいのです。

文字の少ない本であっても、一緒に同じ本と時間を共有し親子のコミュニケーションを図れます。

読み聞かせの目的を忘れずに、コミュニケーションを大切にしていきましょう。

 

コミュニケーションから学べるもの

コミュニケーションとは、言葉を使うだけではありません。

ある研究によると、人は「何かが矛盾している」と感じた時に重んじる情報は、

  • 言語からの情報:7パーセント
  • 聴覚からの情報:38パーセント
  • 視覚からの情報:55パーセント

(言語7%、非言語93%とも)

だという結果が出ているそうです。

「字が読めるようになったから」と読み聞かせをやめるのはもったいないこととも言えます。

自力読みと読み聞かせを並行することで、親も子も得られるものは大きいですね。

 

広告

本への移行へ急がないでOK

小さいうちは簡単な絵本から始めましたよね?

日常の中で、親にも子どもにも負担にならずに、続けられる方法で絵本や本と関わってみてください。

それが、大きくなってから無理なく自然に本へ移行するための、とても大切なプロセスとなります。

字だけの本に移行するまでに、私たち親ができるとても大切なことがあります。

それは、絵本と子どもをつなぐ温かい読み聞かせの時間を持つことです。

そして、親が読書を楽しんでいる姿をお子さんが自然に目にする機会があると更にいいですね。

こういった小さなことの積み重ねが、読書へのスムーズな移行を助けます。

一人読みはその子のペースで!

文字を読めるようになったら一人読みをしなければいけないわけではありません。

その子によってペースは違いますので、読み聞かせが心のコップいっぱいになって、ストレスなく本の世界を楽しめるようになるまで、寄り添ってあげてください。

ママも子どもの成長と共に日々がより予定でいっぱいになってくると思います。

わが家は、毎日の読み聞かせは今現在できていませんので、私自身が読書を楽しむ姿を見てもらっています。

思い立った時に、3人まとめて同じ本を楽しんでもらうことも多いです。

高学年だからと言って、高度な本の読み聞かせでないといけないというわけでもなく、基本は子どもが読みたいと言った本を読みます。

ちなみに、昨日はこの本でした。

でも時々、こういう本を読んで!と言われ…ドキドキしますw


絵本の読み聞かせから本の読み聞かせへ成長できたことは喜ばしいことですよね!

 

文字が読めるようになっても読み聞かせをぷっつりやめないで大丈夫です。

お子さんと読書をつなぐサポートをしていきましょう♥

Happy Reading!

 

こちらの記事もどうぞ! 

「早期教育」は悪なのか?メリットとデメリットどちらが大きいのか?

 

私も3人(小5長女・小1長男・2歳次男)の母親です!
ママ自身を大切にする幸せな子育てライフ、ともに楽しんでいきましょう^^

わが家のお金をかけずに心をかける家庭教育の中間報告
>>おうち時間を大切にしたら、こうなりました!で、おうち時間を大切に塾も教材もナシで来た長女が、グローバルな視点で大学生や社会人の方たちと日本の未来についてスピーチし合い賞をいただけたことを記事にしています。

少ない教育費で今も未来も豊かに!!を引き寄せましょ♪

お教室や教材に頼らずとも、ママが家庭でできることはたくさんあります!

SNS映えする華やかなことではなくシンプルなことを積み重ねる。

愛情あふれる家庭教育を一緒にしていきませんか?

いつでもお待ちしています!

おためしママ英語

ママ英語講座

 

今も未来も豊かな子育てライフを引き寄せる一歩!
Kanakoと繋がる公式LINEはこちら↓

友だち追加

◎おためし講座の予約や急ぎの質問はこちらからだとスムーズです(^O^)/