ことばの力を養うためには、
乳幼児期から児童期にかけて、
家庭での親子のかかわりが重要である。
(内田信子『発達心理学ーことばの獲得と教育』岩波書店、1999年)

 

本の中に、

言語能力に関しては、

一般的な行動の学習と異なり

早期教育のような「訓練」による、

言語獲得の差は見られなかった

という例がありました。

 

豊かな経験や、感情や、

心のこもったやり取り

そんなものと紐づけされて

育まれていくんですよね。

 

 

感情と言語が一致しての

言語能力ということですね^^

 

そして、そうであって初めて

コミュニケーションの道具として

使えるものになると。

 

 

 

「訓練」で身に付いた

    ”ように見える”もの。

 それって、上っ面だけのもの。

 

そしてそれって、恐ろしいことに、

大事な時には気づかないの。

 

目に見える結果に舞い上がってて、

全然気づかないんですね。

 

 

 

上っ面だけだからね、

メッキみたいにさ、

上が剥がれりゃすぐ終わりで。

 

じゃあ、どうすればいいのかって?

 

遠回りに思えて、

結果がすぐに見えなくて、

だけど、確実に積み上げる方法って?

 

 

 

言語を学ぶ上で私たち人間は

規則性や構造、状況に応じての抑揚など

生身の人が全身で発する情報を

受け取って血肉に変えていくんですね。

 

ですので、我が子の言語習得を

考える時はこのポイントを意識して

進めていくといいと言えます。

 

 

こうしたら→こうなるというような

万人に当てはまるマニュアルがない…

 

だからこそ、ママの力というのが

大事♥だと考えています^^