さて、ここでお話する

「カタカナ英語」とは、

和製英語のことではありません。

 

和製英語については③で

触れたいと思います。

 

 

 

ここでは、

【カタカナ英語】

英語表記をそのまま(のつもりで)

カタカナに当てはめたもの

として話を進めていきますね。

(例:アップル、エレベーターなど)

 

これら、

英語で普通に使用される単語ですよね。

 

 

だから日本語でも、

これを文中に入れれば

通じるかと思ってしまうのです。

 

*和製英語の場合だと、

「本来英語としては通じない

英語風の日本語」ですので、

知識があれば文中に入れないかも?

 

 

 

 

これが、なかなかの曲者です。

びっくりするほど通じないことも。

(※通じないだろうと思ってたら

意外と通じることもあるけど。)

 

元々ない勇気を振り絞って

やっとの思いで話した英語が

通じないとなれば・・・。

 

これだけで十分、

「私、英語ダメだわ。」

って気分になるんですね。

(経験者談)

 

 

例えば、

①キャリア

②レモン

③ウイルス

④ボタン

⑤ウルトラ

 

 

①kə-ˈrir

韓国のことかと思っていました。

②ˈle-mən

え?ラーメン??って・・・。

③ˈvī-rəs

ヴァイラスってめっちゃ悪そう!

④ˈbə-tən

あまりにも短く発音されていて

衝撃を受けました。

ちなみにCottonはカトン。

⑤ˈəl-trə

ウルトラマンはエルトゥアマン!

という感じです。

 

 

 

ビタミン、テーマ、プロフィール…
なんかも知った時は、裏切られた気分(笑)

 

もう、これだけ違うなら、

とりあえず、カタカナ英語は

英語とは違う引き出しに

しまうことにしようって

思いましたか?

 

カタカナ英語はしまっておいて、

英単語は別物として

インストールしてみることを

強くお勧めしたい私です^^♪