ま、
もう大分下火となっておりますが。

五歳児の描く「ピコ太郎」

 

ピコ太郎が受けたのは、
日本語英語でありながら
英語っぽくしていたところ、

そしてさらに、
英語っぽくしてみたけど
やっぱり結局日本語っぽいトコ
でしょうか??

 

中学の英語であったでしょ、
音声の繰り返しをしたじゃない?
聞こえる音声に似せて発音したら

「ナニお前英語っぽく
話してるんだよ、やーいやーい!」

みたいにからかわれるっていう。

公立校あるある^^

 

 

 

文字に忠実な私たち日本人は、
英単語だって、
書いてあるように発音しないと
気持ちが悪いし不安なのです。

Appleがアポォじゃ、
Tableがティボォじゃ、
Smileがスマイォじゃ、
Twinkleがティンコォじゃ、
不安なんです。
そんな風に読めないですもの。

 

英語の音は、日本人にとって
聴き取りにくい周波数でもある
って言われているんですが、

おそらくココの話は
周波数が原因ではなく、

目で見たappleという文字を
アポォと発音する勇気。

 

で、
その勇気をつけるのが
私♥

・・・
じゃなくて、
やっぱり、あなた自身の
経験の積み重ね^^

 

 

 

近道はねぇ、ないんです。
ショートカットってやつね。

してもいいけど、
お勧めはしないです。

だって、結局苦しいから(笑)
できなかった時に
やっぱり諦めきれないから。
だから苦しい。

 

私は苦しいの嫌いでーす^^

だから、お勧めしてるのは
スマートカット!

スマートに、しなやかに、
苦労をかわして
さらっとしれっと積み上げる♪

 

脳をイイ気分に(←怪しげ?)
させるのが基本なので、
苦しくなりそうだったら、
違う所にフォーカスして、
英語=快

と脳に覚えてもらいます。

これがミソです^^

 

経験の積み重ねって、
今からでも遅くないです。

60代のマダムも、
30代ママと一緒にやってます♪
人生勉強の場にもなっている
ママ英語なのでした~。

 

 

英語力も人生も♥、
そして我が子のやる気の根っこも
サクッと上げちゃいましょ!