今日は、「夏休み食育学校」へ。

息子を託児に預け、娘とともに。

娘が
いきなり衝撃を受けていた
こちらの授業。

 

食事として摂る
こういうものに、
これだけの砂糖が…っての。

 

 

加えて、
砂糖が体内で
どのように働いて、
どういう結果をもたらすか、

 

そういったことを、
子供にもわかりやすいよう

 

引き込む「劇」という形に
してくださっていました。

子供だってね、
自分で納得して初めて
心からわかるんですよね。

食だってだんだん
親がコントロールするのが
難しくなります。

自分でコントロールできる

「食選力」

身に付けて大きくな~れ!

 

 

 

ちょうど今朝、

「ウチは何で特別な日しか
 特別な料理じゃないの?」

って、聞かれたんですね。

 

おいおい、そりゃー
チト大げさじゃないかい?

 

って思いましたが、
子供は大体大げさよね(笑)

 

娘としては、
「何でウチは和食が
多いんだろう?」

っていうのが、
素朴な疑問だったのでしょう。

とてもいいタイミングに
いい機会がありました^^

 

 

 

今回お声をかけてくださった
食育指導士の森英子さん。

知育・徳育・技育・美育
の土台が食だということを
広げようと活動されている、
アラフィフに見えない
(毎回言っちゃう♥)
ステキすぎる先輩ママ。

 

私、
バイトという立場でしたが
塾、英語教室、学童保育所
こういった所で子供たちを
見てきました。

 

で、思うのは、

 

食(食生活)と
パートナーシップ(親のね)
というのは、キモだなぁ…

ということです。

 

子供の教育って考えると、

 

「どこの学校に…」

「どのスポーツを…」

「どこのお教室に…」

「どんな教材を…」

 

ということに
目が行きがちですが、
心の安定と密接にかかわる
キモの部分は、
押さえておきたいところです。

 

なんてまぁ、
私みたいなヒヨッコが
エラそうに(笑)
こんなこと言っちゃうのは、

 

パートナーシップの在り方や
食生活など、

ランディー由紀子さん
学ばせてもらっていることが
大きいです。

アナタ、
こんなに自由で、
こんなにエネルギッシュで
こんなにチャーミングな
恒星美人なんて、
(自ら光り輝く美しさ♥)

 

そうそう居ないでしょう…。

 

今日も良き一日でした^^

それでは皆様、ごきげんよう♡

今夜は夫婦で、
キャンプグッズ家で広げて、
擬似キャンプでーす^^