さて、
新学期も始まり一週間。
夏休みは遠出されましたか?

 

遠出といえば車移動。

車移動といえば、
「しりとり」ですが・・・、
マンネリよねぇ。

 

「おかーさん、それ言ったじゃん!」

「えっ?
いや、前の回で言ったと思うけど。」

なんてことも。

 

 

 

ということで、
違う遊びをすることにした私たち。

その名も、
【カタカナ言い換えゲーム】

 

 

これ、大人が燃える・・・。

 

 

結構難しいのよね。
カタカナが使えないって
縛りがあるとさ。

 

 

例えば、
ケーキをカタカナ抜きで
言い換えてみましょう。

「スポンジ」もブッブー、
「クリーム」も使えません。

となると・・・?

「膨らし洋菓子」

あまりそそられないのは
私だけでしょうか?
 

 

ではでは、気を取り直して、
キャンプをカタカナ抜きで
語ってみることにしましょう。

「簡易布式居住道具で野宿」

・・・って、なんかあまり
楽しそうではない気がする。
 

 

とっさにカタカナの代わりの
日本語を考え出すのって
難しいですねぇ。
 

 

 

そうそう、戦時中は
「敵性語」として、
英語からきている言葉が
使用禁止になっていました。

 

私の大好きな「コロッケ」
も、使用禁止ワード。
 
「油揚げ肉まんじゅう」
なんて、全然サクサクした
感じが想像できない名前で
呼ばれていたんですって。

 

 

他にも、
 
カレーライス
→辛味入り汁かけ飯

(鉛筆の)HB→中庸
 
サクソフォーン→
金属性先曲がり音響出し機
 
コントラバス
→妖怪的四弦
 
パーマ→電髪

(Wikipediaより)

となっていたそうです。

今となっては笑っちゃう
笑えない過去のお話でした。

 

 

 

世のお母さま方、
マンネリ化した車内遊びの
ヒントにしてくださいませ♡