IBEAもTerakoyaも、

「子ども」、「英語」、「教育」

なんていう言葉が出てきますが、

私たちが目指している方向は、

 

 

例えば

「英語がペラペラ話せる」などの

技術的な面を見ているわけではないんです。

 

 

子供が単語を覚えることや

リスニング能力を開発することや

目に見える流暢さなどの

 

近視眼的な視点よりも、

長期的な視点で英語教育を考えています。

 

 

 

 

日本語を母語とする私たちが

第二外国語としての英語

使えるようになる土台を大事に、と。

 

 

 

そこを具体的な研究結果とともに

学ぶことができる…のが

IBEAママ英語講座です♡

(学べることは書ききれないので、

詳細はリンク先をチェックどうぞ~)

 

 

 

 

 

で、それをコンセプトに

地元名古屋でKanakoがひっそりと(笑)

やってるのが、Terakoyaです。

 

 

英語教室ではありますが、

日本の風習・文化に触れることを

大事にしている子供クラス。

 

 

今週は、栗きんとんを作りながら

日本の秋についてのお話や

 

日本ではウサギと言われている

月の中が、他の国ではどのように

言われているかということも、

インターネットを使って調べました。

 

 

 

 

 

【同じものでもいろんな見方がある】

シンプルなことなんだけど、

実は頭でわかってるだけじゃ

いざとなったときに引き出せないこと。

 

大きくなって時間を割けないこと、

大人のフィルターを通しては

受け取りにくくなってしまうこと、

たくさんあります。

 

 

 

 

常に長期的視点を大切に

学びの環境を用意していきます^^