練習すればするほど上達するって、

精神論ってワケでもなければ、

野生の本能ってだけでもなく、

脳科学的に結果が出てるんですって。

 

 

脳っていうと、

真っ先に浮かぶのはシナプス。

でも、上達や習得を左右するのは

シナプスの数が問題ではないそう。

 

細胞体をつなぐケーブルを取り巻く

絶縁体であるミエリン鞘がカギ。

 

練習を重ねることで、

思考を重ねることで、

ミエリン鞘が太くなると。

 

 

さぁ、

バウムクーヘンを想像。

 

 

で、そのバウムクーヘンが

厚くなればなるほど

神経伝達が良くなると。
(絶縁体が厚くなるのね^^)

 

ミエリン鞘形成のほとんどは

幼児期に起こるとされています。

 

 

ということは、幼児期に

どれだけの刺激が繰り返されたか

ってことが、大きくなってからの

神経細胞の機能発揮に、

大きく関係するというわけです。

 

 

幼児が繰り返しを好むのって、

成長して力を発揮するための

本能的な練習なのかもね~。

 

 

*********************

IBEAママ英語講座では、

英語のお話だけでなく

ママたちのさらなる思考を…と

様々なお話も盛り込んであります^^

 

 

 

 

3歳の息子、繰り返し繰り返し

同じようなものを作っては、

同じようなことをして遊ぶの図^^♪