「第2言語としての英語」って

よく言ってますけど、

ぶっちゃけそれって何ですか?

 

という質問をいただきましたので

こちらでお話させていただきますね^^

 

 

 

日本で生まれ育ち、

日英バイリンガルになるのには

ざっくり分けて

2パターンあります。

 

①生まれながらに、

両言語がある環境で成長

もしくは

②母語が決まったうえでの

「もう一つの言語」習得

(注:必ずしも、母語を身に付けてからというわけではない)

 

①の場合は、

両親の母語が違う場合など。

日常的に英語を使うバイリンガル。

 

②は、日常的に使う母語(第1言語)

プラスαとしての言語(第2言語)を

習得したバイリンガルです。

 

 

第1言語、第2言語の区別が

曖昧なのが①ともいえます。

 

※ただ、両親の母語が違っていても、

どちらかの母語を優先するご家庭もあり

そういう場合には、優先された方が

第1言語となります。

 

 

対して②のバイリンガルでは

第1言語、第2言語は明らかです。

 

後天的に英語を身に付けた

バイリンガルであれば、

その英語は第2言語としての

英語だということになります。

 

 

 

 

私が上で述べたのは、

日本で生まれ育った場合の例ですが

 

こちらの動画では、

言語習得の時期によって分けられる

3つのタイプのバイリンガルについて

まとめてあります。

 

 

日本語訳はlogmi様より。

 

 

続く…♥

けど多分タイトル変えます^^

 

 

*********************

IBEAママ英語講座では、

英語のレッスンをするだけでなく

ママたちのさらなる思考を…と

様々なお話も盛り込んであります^^