以前書いていたブログでは

いつどんな本を読んでいたか

ってのを、記録もかねて

記事にしていたんですね。

 

ちょっと今年から、

それも気まぐれ再開を…

と思っております。

 

読み聞かせをされている

ママさんのヒントにでもなれば

幸いでございます^^♪

 

これはあくまでも、

わが家の場合です。

 

絵本の適齢期っていうのは

どうなんだろ、あるのかな?

 

読みたいと思えば、

その時が読み時というか。

 

その時感じない何かでも、

また違う時に感じられると思うし

その時にはもう、感じられないって

ものだってあると思うし。

 

 

本を読むか読まないかってのは

環境の影響が大きいと思います。

 

なかったら読まないし、あれば読む。

あっても、お母さんが本嫌いなら

そのうち寄り付かなくなるとか。

お母さんが楽しそうに見ている

他のものがあれば、そちらに…とか。

 

あまり、教育的視点を持って

ギラギラやらないのがミソかな♥

 

あ、教育を考えるママでいいのよ。

ただ、ギラギラオーラを消す。

そういうの、オンオフ可能よ^^

 

***************

 

では、もうすぐ3歳半になる

息子のお気に入り絵本と

私のおススメ絵本です。

 

まずこちら、

わんぱくだんシリーズ。

一緒に冒険している気分になれるよう。

 

きつねのかぎやシリーズ。

かぎやが針金でカギを開けて

問題解決するのがたまらないよう。

木の枝でカギを開けるブーム到来中。

 

多分、息子に一番読んでる本。

「なぜ?」×冒険がやっぱり好き。

 

だんだん街になっていく様子が

今は好きみたい(車や電車出てくるし)。

対話式読み聞かせが楽しい一冊です。

石井桃子さんの、子供に媚びない訳。

母になって惚れ直しました。

 

 

4歳上の娘中心で

本探しをしており、息子は

絵本コーナーをすっ飛ばして

昔話→児童書エリア

になってたなぁ…と、

年末にふと思いました。

 

これから、ちょっと意識して

絵本コーナー見てみよっと。