今日は、あるママのお話から。

 

「ウォイ」って、
何かと思ったら”voice”だったり
 
「マダー」って、
何かと思ったら”mother”だったり

 

…そんな時、迷うんですって。

「ボイス」だよ、「マザー」だよ

って、教えた方がいいのかな…って。

 

うーん、私としては

教えないでいいと思う^^

むしろその発音の方が近い!

 

人間って、

自分で自分の間違いに

気づいた時に、はじめて訂正して

情報を上書きしていく

って言われています。

 

ほらほら、

自分は正しいと思って

やっていることに対して

何か指摘された時・・・

モヤモヤするじゃん?

 

子供は素直っていうけどさ、

そこはモヤモヤなく学ばせても

いいかもしれないよね。

 

成長段階の子って、

舌っ足らずな話し方だったり

違う音を使ってたりするって、

日本語でだって同じじゃない?

 

ディズニーランド
れずにーらんど

おかあさん → おかーしゃん

ライオン → だいおん

おしっこ → おちっこ

 

うちの娘は、

「タンポポ」の「ポポ」を

続けて言えなくて、

「タンポコ」って言ってました。

めっちゃキュンキュンしてた私。

おっと、
危うく下ネタになっちゃう(笑)

 

英語圏の子も、

yellowをlellowと言ったり、

spaghettiをpaskettiと言ったり

することがあるそうですよ。

 

THも、発音できない時期には

FやVで代用することもあるとか。

 

three → free
mother → mover
Thank you → Tank you

 

また、THに限らずですが、

英語圏でも地域によっては

年齢に関係なく発音が

ちょっと違うこともあります。

 

bath → bat,
through → true,
thin → fin,
death → deaf など。。。

 

だから、ね、とりあえず

聞こえたように発音させて

いいんじゃない?って

スタンスのKanakoで~す^^

 

 

ウチの娘っちも、

threeをfree、withをwiv

って言ってます♥

可愛いんで放置です(笑)

 

*写真は大府市の健康の森にて

ケンモリ、いいよね~^^♪