バイリンガル育児をしていないとか、

英語教育にお金をかけられないとか、

もしそういうことで

英語を諦める選択をするなら、

もったいないと思う。

 

わが家は英語で会話することもなく

英語のかけ流しもしない、

多分チョー普通の家庭。

 

それでも、

日常に英語を入れることは可能です。

 

もし、

英語よりも日本語が大事だから!

って理由で英語を排除しているなら、

それももったいないよね、と思うし

別にそんなに凝り固まらなくても

いいじゃないかー、って

思っています。

 

別にいいじゃない、両方やれば。

 

英語やってると、

日本語や日本文化なんかに

興味出てくるなんてこと

ザラにあるから^^♪

 

0か100かって?

白か黒かって?

だから争いが絶えないの(笑)

 

グレーもあるから!

途中で方向転換することだって

考え変わることだってある。

 

 

大事なのは、あなたが

それをやりたいのか、

それともやりたくないのか

そこなのよ。

(英語に関していうと、ママがさせるだけなら、いつの日にか頭打ちです。)

 

さっき、冒頭は

英語の話題だったけど、

もう英語の話じゃないよ(笑)

 

 

 

論理ってのは、だいたい後付け。

やりたい VS やりたくない

 

自分の中にそれが先にあって、

それを補強するために

人は理屈をこねくり回すの。

 

本やネットから、

補強してくれる理論とかを

かき集めて・・・

ねぇ?

 

 

 

ということで、

理由、理屈、論理とかいう

そんなヒラヒラは取ってみて。

 

それでもその思いが

愛しいものなら

守りたいものなら

知識武装するよりも、

誰がピーピー言ってもさ

やっちゃえばいーのよ。

 

あなたは、

誰かに認められるための

【イイ子ちゃん】じゃなくていい。

 

あなた自身の気持ちを

認められる人になればいいのです^^