「英語教育を

日本人のママが家庭で」

というと、

もうそれだけで

「絶対無理!!」

って思うママが多いです。

 

英語ネイティブでない

自分の英語に対する

とても根深いコンプレックス。

 

そこから、

ネイティブの正しい英語を
聞かせて教えるべき

ママに英語は教えられない

という結論になってます。

 

 

 

こうなるの、

とてもよくわかるんですね。

 

かくいう私も、

日本の英語教育の常識に

どっぷり浸かっていましたから。

 

発音がダメだったら、

英語を教えるべきではない

と思っていました。

 

表面的なトコしか

見てなかったんですね。

 

 

 

もちろん、ネイティブから

学ぶメリットはあるんです。

 

ただ、忘れてはいけないのは

非ネイティブのママから

学ぶメリットもあるってこと。

 

 

 

 

ママが英語を教えるメリット…

考えたことないかもしれませんが

ここはひとつ、お付き合いを^^

 

パッと思いつくのはこんなとこ。

 

 

 

①英語を使う日本人のモデルになれる

一番身近な「英語も使える日本人」

になれるわけなんですね。

英語をツールとして使うという

意味を肌で感じることができます。

 

これは、英語ネイティブには

ひっくり返ってもできないこと。

 

 

②表現への前向きさを与えられる

日本語ネイティブなりに、

英語ネイティブではないなりに

表現しようとするママの姿。

ダメだと思いますか?

 

表現する時には

手本通りでないとダメだと、

違うことは恥ずかしいことだと

子供に教えたいですか?

 

 

③リラックスして

「やりたい・知りたい」と思える

お母さんが、

安心して付き合えるものなら

子も特別視して構えることなく

取り組んでいけます。

 

大好きなママが嫌いなもの

ママを苦しめるもの、

ママから笑顔を奪うものを

我が子は「やりたい!」と

思うでしょうか?

 

 

 

(言うまでもないと思いますが)私も、

英語ネイティブではありません。

それどころか、

留学経験は1年に満たない…。

 

留学と言っても、

大学で勉強する留学でなく

語学研修プログラムです。

 

こんな私が英語教室を

やっています…

アーンド、

我が子に英語教えてます!

 

 

かけ流しナシ、

テレビやビデオなどナシ、

ただ絵本を読むスタイル。

 

 

「ママじゃ英語教えられない」

って考えは、どこから来ましたか?

 

ご自分で出した答えでしょうか?

 

私たちの考えや選択

そして思い込みの多くは、

誰かに言われたことだったり

いわゆる一般常識などから

きているんですね。

 

「~べき」

「~できない」

「~してはいけない」

具体的に言うと、

「大人になってからじゃ英語はできない」

「ネイティブのように話せないと恥ずかしい」

「ネイティブに教えてもらうべき」

「お金をかけて学ぶべきは子供」

・・・

っていうの。

 

 

 

あなたを縛る呪い、

もうここでサヨナラしましょ^^

 

あなたの未来も、

お子さんの未来も、

もっと明るいですから♥

 

 

週末は、

もいちど英語のママ生さんの

アロマ講座へ行ってきました♥

 

 

もいちど英語:5月スタート

ママ英語講座:4/19スタート

詳しくは下記リンクへどうぞ^^