自慢じゃないけど

私は今までに、何十冊と

育児本を読んできたんです。

 

前にも書いた通り、

自分にはハンディキャップが

あると思ってたんですね。

 

だから、

なんとか「良いママ」に

ならなきゃって思っていました。

 

どこかに正解があると。

その「正解」を求めて、

育児本ジプシー生活(笑)

 

で、よく書いてあった言葉が

「子は親をよく見ている」ね。

 

これって・・・、

目新しい言葉じゃないでしょ?

 

だから、

「ハイハイ、またこの話ね。
そんなの知ってるってば~。」

って思ってたんですよね。

 

 

コレコレ、これこそ

知っている=できる

と、錯覚していた時!

 

 

ママ英語メンター仲間で

関東で活動している優さん

紹介してくれた動画があります。

 

 

9~10ヵ月の赤ちゃんを視覚的に断崖絶壁に見える台の上に乗せ、その向こうにオモチャを置きます。

そのオモチャの横にいるお母さんの表情により赤ちゃんの行動が変わるのかを見る実験です。

結果はご覧の通り、お母さんが心配な顔をしていると渡れないけれど、笑顔だと渡れるのですね!

 

お母さんを見てるんだよね。

 

お母さんが

心配そうな顔になるのは、

心配しているから。

 

心配しているから、

挑戦することができない。

 

笑顔だと、

挑戦できるんですね。

 

 

 

余談ですが、

エネルギー的に見ますと、

誰かの心配をするだけで

その人のエネルギーは落ちます。

 

口に出さなくても、

「心配に思うだけで」です。

 

心配する代わりに

できるよ!大丈夫!

って思えばいいのです。

 

しつこいですが、

思うだけでいいのです。

 

 

 

でも、こういうことって

目に見えるモノじゃないから

受け入れにくいのよね。

 

エネルギーとか、

気とか言ってるこの人…

なんか怪しいかも!

みたいなね(笑)

 

 

でも、こうして

世に出ている実験で

目に見える形で出ていると

説得力がありますね。

 

きっと、ママたちは

自分の経験の中で

何かしらこういうことを
(「子は親をよく見ている」ってことね)

感じていらっしゃると思うんです。

 

 

そういうのを、

「自分で感じたコト」

大事にしていきましょう^^