ロバート・ランディー英文学博士による、
読み聞かせを通じた教育の講義 ×

ペトロスキー富夫物理学博士による、
子育てのヒントと学びについてのお話 ×

おまけでランディー由紀子さんによる
セルリズムダンス(なんじゃそりゃ!)

で、頭も体もいっぱいの週末@大阪

のレポート続編です^^♪

 

 

セルリズム(細胞ダンス)からの座談会。

ここで見えたのは、ママたちが

普段、覆ってかくして

見ぬふりしようとしている部分と

向き合いはじめた姿でした。

 

涙なしには語れない、

出せなかった胸の内など

シェアしてくださったママ。

 

それを聞いて、

自分だけじゃないと感じたママ。

 

印象的だったのは、

傷の舐め合いにはならずに

何とか自分を変える方向

前向きに見はじめている

ママたちの姿があったことです。

 

 

 

座談会の前のセルリズムは、

文での説明が難しいんですが。

 

ママでなくてもきっと感じる

「頭で考えても
感情のコントロールは難しい」

という現実的な問題。

 

私の場合、頭で考えても

感情コントロールはできず、

感情に蓋をして抑えるのが

関の山でしたね。

 

というか、

それが大人というものだと

自分に言い聞かせていました。

 

頭で考える以外に

思考を変化させる術って

あったんですね…!

 

体から解放するとか、

怪しい世界の話だと思っていました。

メカニズムがわかれば

超シンプルな話なんですね。

 

この一日講座で、ママ英語講座の

Body, Mind, Spiritの統合を

少しでも体感していただけた!

と思いました^^♪

 

 

 

そうそう、

ランディー由紀子さんが

座談会でもお話されていた

「謙虚になる」ということ。

 

ここで私、

ふと思い出したことがあります。

 

1年くらい前かな?

「この人カッコイイな!」って思った

女性がいたんですね。

 

知識豊かで、

たくさんの人に慕われていた方。

 

でも、彼女のある一言が、

どうしても、どーしても

私の中で引っかかっていたのです。

 

その一言っていうのが、

「人は、選びなさい。」

でした。

 

自分の得になる人と付き合うべき、

きちんと考えて、得にならない相手なら
(エネルギーを奪うだけの相手ということかな?)

時間の無駄だから(縁を)切るのよ。

というものでした。

 

私はそれを聞いて、

この競争社会で成功するには

そういう風に考えるべきなのかな?

これが受け入れられない自分は

まだまだお子ちゃまなのかな~?

と、何とか理由を見つけて、

どうにかして、その論理を

頭で理解しようとしていました。

 

けれどやっぱり

引っかかって引っかかって(笑)

 

で、何かのついでに

由紀子さんに尋ねてみました。

 

「由紀子さんって、人を選びますか?」

 

その答えは…

「人を選ぶ?選ぶ必要ないじゃない。」

と。体から自分の意志、そして

エネルギーが出ていれば、

そこに共鳴する人が来る、と
(クレクレだけで自ら変わる意思のないような人は
来たとしても自分から去っていくよ~、とも)

仰いました。

 

切らなきゃいけないような人が

来るってことは、

自分ではない誰かを演じて

釣ってるのかもよ~♪
(因みにそんなことしてたらすぐボロが出るから!とも。)

「イイ人」のつもりかもしれないけど

そういう人って怖いじゃない?

本心と表面の乖離(かいり)って

動物的にはコワイよ~(笑)

 

みたいなことも仰っていました。

 

 

 

確かに私、Body, Mind, Spiritを

意識するようになってから、

自分で切らなくても、

疎遠になった人多数(若干悩んだw)

 

そういった人と疎遠になったことで

その人たちの野生のカンは

まだ生きている、と知れました。

 

そして、

友達を失ってばかりかというと

そうではなくて、代わりに

エネルギーを注ぎたい人と

どんどん繋がれるようになり、

「エネルギーの循環」というのを

実感できるようになりました。

 

 

 

これは、頭で考えてるだけじゃ

なんともならない話の一例。

 

Body, Mind, Spiritを意識すると、

子育てはもちろん、とにかくすべて

滞っていた部分が流れ出します。

 

どんな考えが正しいとか誤りとか

そういう話ではないのよ、念のため♥

 

ただ、引っかかることや

受け入れられないことって、

見ないことにしなければ、

自分なりの答えってものを

探し出せるんだな~って、ね^^

 

 

由紀子さんのブログ

本当におススメです♥