スーパーママ講座@大阪での

ランディー英文学博士の講義

「読み聞かせを通じた教育(英語教育)

 

この講義でのお話で、

絵本を読み聞かせることが

「幅広い教育」に繋がるワケが

今までにないほど私の深くに

しみていったように感じました。

 

 

私が感じたのは、

答えを教える講義ではなく

自分で答えを出すための

講義だったな、ってことです。

 

 

会場では、たくさんのママたちと

お話をすることが出来ました♥

 

レッスンも含めて、

多くのママたちとお話する中で

結構多いご質問の一つが、

「読み聞かせに

正解ってあるんですか?」

というもの。

 

「お話は、ゆっくり静かに読むべきで
絵本の言葉を淡々と読むのが正解?」

「それとも、対話式で進めるのが
正解なんでしょうか…?」

これは、本当に多くのママが

揺れている問題だと思うんです。

 

 

実を言うと、

私も揺れていた一人なんですね。

 

「対話式読み聞かせ」

という読み聞かせ法を知った時、

私はちょっと混乱したんですね。

 

というのも私は、

対話式読み聞かせの

表面だけを見ていたからです。

 

IBEAの

Power Readingの記事に、
(超読み聞かせ)

対話式読み聞かせの方法が

こんな風に載っています。

では、推奨されている対話形式の読み聞かせの方法とは:

1.これは何?という質問を多くする
(絵本を見ながらこれは何?とか、これは何だと思う?などの質問をするそう)

2.絵本を一緒に読みながら制約のない会話をする
(つまり解答がある話でなくてもいいので、とにかく子どもに自由に発想させる)

3.子どもの興味に沿って会話を進める
(決して親が一方的に押し付ける会話ではないということですね)

 

これ見てまず私、

「質問したりして
どんどん語り掛けるやり方」

なんだな、って思ってました。
(もちろん、間違いではないけど)

 

だから、それまでしてきた

「子に空想させたりする余白」

を与えるような、

ゆったりした読み聞かせとは

相反するように思ったんですね。

 

「対話式」なので、

対話しながら、

というのはもちろんその通り。

 

なんですが、これって、

子供の観察ってのが

あってこそのお話なんですね。

 

表面的な対話から、

心と心の対話にも行けると、

私がしたような混乱ってのは

なくなると思います^^

 

「今は頭の中で何かやってるな」

と思えば、そっとしておく。

 

「聞いてほしいんだな、披露したいんだな」

と思えば、聞いてあげる。

 

「同じようなことやってみたいのかも」

と思えば、アクティビティにつなげる。

 

「あ、これつまらなそうだな」

と思えば、今日の所はやめにしてみる。

 

「おお!これ好きそう!」

と思えば、同じような本を探してみる。

などなど・・・

 

 

対話式読み聞かせにおいて

一番大切だな、と感じるのは

「観察」です。

 

観察なくして、

質問攻めにしたり

ペチャクチャまくし立てるのは

対話式読み聞かせじゃない

と思うのです。

 

How Toに囚われていると

やり方に目が行きがちですが。

 

お母さんたちって、

何か信じる方針があれども

「母のカン」で、

臨機応変に行きたいことも

あると思うんですよね。

 

「揺れる」ってのは、

自分が頭で選択していることと

心、カンが選ぶこととの間に

ギャップがある時に起こるコト

なんじゃないかと思うんです。

 

ちょっと揺れる…って時には

そこを見て見ぬ振りするんじゃなくて、

理屈で理解しようとするんじゃなくて、

白黒つけようとするんじゃなくて、ね❤️

 

 

一概に何が正しいとか言えない世の中で、

「これが正しい!」とか

「私はこんなにも知っている!」とか

言う人がいたら・・・

私は、まずその人を疑います(笑)

 

だって、それって危険じゃないかい?

 

 

子供って、機械のように

このボタンを押したらこうなる

ということってないでしょ。

 

マニュアルを参考にするな

ってことじゃなくて、

得た知識や気づきを、

わが子用にカスタマイズする

という意識でいいんじゃないかなー、

と思うのです。

 

「こう書いてあるからこうしなきゃ!」

なんて、ナイナイ!

 

答えは何かに求めるのでなく、

得た情報や経験をもとに、

自分で感じ、見つけていく…

というのが、最近になってや~っと

腹にストンと落ちた私です。

 

 

肚にストンと落ちた後のショット♥

お料理も美味しくいただき、

おなかも心も(そして頭も)

いっぱ~い・・・でした^^