質問です^^♪

 

あなたの中には、

こういう考えがありますか?

 

「勉強は苦しいものだ」

「耐えればいつかは日の目を見る」

「好きなこと仕事にして
上手くいくなんてそんなうまい話はない」

「好きなことばっかやって…
今に痛い目見るんだから」

「楽しく学ぶなんて、
子供ならまだしも…
大人には絶対ありえない」

「努力!忍耐!根性!!!」

「耐え忍ぶのが美しいし、正統派」

・・・などなど

 

 

私は、努力・根性・忍耐を

否定する者ではありません。

 

ただ、過剰なそれらの信奉が

貴女をがんじがらめにしているなら

「もう、一回その考え

捨ててみちゃっていいじゃん!」

と言いたい…。

 

だって、苦しいじゃないですか。

ワクワクしないでしょ。

嫌々やるから効率も悪い。

 

ちなみに、それでなんとか

目標達成したとしても

他の人にも同じ苦しみを求める。

 

自分がこんなに苦しんだのに、

自分のように苦しまずに

成し遂げちゃうなんて許せなくなる。

 

「苦しむべき」

という信じてきた正論を振りかざす。

 

そこから離れてみても、

いいんじゃないかと思うのです。

 

***********

 

少し前に、

「AI(人工知能)の登場で
将来失くなってしまう職業」

という記事やリストなんかが

たくさん流れた時がありました。

 

私ね、それを見た時

我が子の教育どうしたらいいの?

って、結構不安になりました。

記事自体も、煽るようなものが

多かったですしね~。

 

とりあえず情報だけ取り入れて

勝手に不安になってたパターン。

 

ある時、物理学博士の

ペトロスキー先生にこの話をすると

先生はこのように仰いました。

 

「私たちの社会は

技術や社会の進歩で昔からずっと、

今まであった職業がなくなってきています。

でも、その結果どうなったでしょうか。

皆が無職で苦しむようになってきましたか。

その反対でしょう。」

 

・・・!!!!

間違いない!!!!

 

 

肉体労働の場に、

機械が登場したことによって

確かに、力作業の仕事は減りました。

 

でも、その代わりに

多くの職業が生まれました。

例えば、数字を扱う仕事だったり

何かをきちんと組み立てるなど、

正確さと知識などの面で

当時は機械で代用するには

不十分だった仕事。

 

で、こういった仕事は増え、

多くの人がこういう所に

仕事を求めるようになりました。

 

なので、

この組織に所属するために必要な

知識や成績、評価を得るため

できるだけ規格に沿った

人間になるために必死だった…

私たちの学生時代も然り。

 

生きていくためには

個性は殺して耐えれば

なんとか上手くいっていたのが

ほんの少し前の今までの世界。

 

 

ただ、私が思うに

嫌なことを我慢してやっていれば

上手くいく時代っていうのは

終わりに近づいている気がするんです。

 

知識なんかの部分じゃ、

もうAIの圧倒的勝利です。

 

だから、知識以外の部分である

「人間らしさ」を出していく

これからはそんな時代だと思うんです。

 

「人間らしさ」の力で、

いかに人の心を動かせるのか。

 

AIにはできないであろう

効率的でないこと、

合理的でないこと、

曖昧(あいまい)さ・・・
(曖昧とは、ネガティブな意味だけじゃない。コチラの記事参照。)

 

こういう「人間らしさ」を

大事にしながら活躍するって、

嫌なことを我慢してやっていれば

上手くいくだろう、って考えじゃ

できないと思うんです。

 

つまりどういうことかというと、

好きなこと、ワクワクすることを

やってしまえばいいと思うんです。

コレ、本当に。

 

やる前に考えてる

「できるかできないか」

は、エイっと飛び越えてみる。

「やるかやらないか」

「ドキドキワクワクするか」

 

わが家の子育ても、

そこに重点をおいて

本の読み聞かせ、体験型の

五感教育をベースに進めています。

 

 

夫婦DE年度末のお疲れさん会&来年度の戦略会議デート@kaFka

名駅から徒歩圏内のおススメ鉄板キュイジーヌ^^

大人も五感を磨くのよ~♥

(詳細はインスタ見てね~。kanachapin55です。)

 

***********

そうそう、

もいちど英語では

非効率的かもしれないですが

こんな歌を使ってレッスンもします。

 

どの歌にするかは、

ママ自身に選んでいただきます。

こういうワクワクを用意できるのも

「人間らしさ」なのよん^^♪