私のスタンスは、

「英文法やります!」なんて

ハチマキしてやらなくていい。

 

でも、

やりたかったら(得意なら)

やってもいいんじゃない?

というところです。

 

 

だってさ、

「文法」を学ぶことだけが

文法が使えるようになる方法

ではないんですよ。

 

それは一つの方法なわけで。

 

 

 

私はコチラに書いた通り、

覚えるってのが苦手でした。

本当に、目まいがするほど。

 

もう、自分の存在が

イヤになるほど苦手でした。

 

ストーリーで覚えられるので

日本史の暗記はまだマシ。

 

数学の公式と英文法は

目にするだけで、

心臓がバクバクしてました。

 

 

 

何の間違いなのか

外大英米語学科しか受からず、
(国・日本史で受験できたのよ…)

毎日が未知との遭遇。

 

先生たちに、

「どうやってこの大学に入ったの?」

って言われたくらいです(笑)

 

 

私は今、

英語のお教室をしていますが

「私が教える」と思って

やっていません。

 

「どうやったらできるか

その方法をシェアする」

という気持ちでやっています。

 

知っていることを

「できる」までサポートする。

 

だって、知ってるだけで

できなかったらただの妄想よ(笑)

 

 

*************

 

 

さて、そうは言っても

私も一応英語学習の努力って

したわけなんですね。

 

でもその当時は努力だとは

思っていなかったんですよね。

(だから、後から考えてみれば…ってことね)

 

 

私はですね、コツコツと…

モノマネしてたんです。

 

キング牧師の演説や

チャップリンの独裁者、

アブリルやアクア、ビヨンセ…。

 

これ使ってました~。
あの頃は音源探しに苦労した… 

 

もちろん、いきなり歌ったり

演説したりは出来ないので、

マザーグースや童謡を

歌う所からスタートしました。

 

それと並行して

多読もやっていました。

 

私の多読経験については

酒井先生のブログをどうぞ。

 

 

ということで、みなさま

くれぐれも

「~しなきゃ○○できない」

という言葉に振り回されないでね。

*「常識」ってやつにも注意ね!
参考記事:偏見のコレクション

 

 

世の中、白か黒か

「こっちが正しい!」って

信じている人って、強く出られる。

 

強く出てる人って

難しい理屈こねくり回してて

すっごく頼れそうなんだけど、

そうとは限らないから。
(経験者は語るw)

 

頭にばっか頼らず

選択してみてね^^

 

 

そして、選択した道は

いつだって変更可能です。

 

一つのやり方が

上手くいかなければ、

他のアプローチ法で行けばいい。

 

初志貫徹!押忍!!

とかいって時間をかけずに、

チャっと作戦変更しても

いいんじゃなかろーか。

 

人生、予測不能ですよ~♪

 

 

まず「今」を楽しく^^

Happy 学びing♥