正当化なんてしなくていい。

 

モヤモヤしてるのに、

それでも自分は間違ってないと

あれこれ並べ立てて・・・

それって一体、誰のため?

 

モヤモヤしてる自分を

納得させるためじゃない?

 

得体のしれないモヤモヤを

抱えている自分を、

頭で、理詰めで納得させる。

 

モヤモヤするなら、

その正体は、実はあなたが

深い所で知っているの。

 

 

科学の世界ではね、

真理に近けば近づくほど

論理がシンプルになるんだって。

 

遠ざかれば遠ざかるほど

論理はややこしく長くなり

一見もっともらし~く

見えるんですって。

 

これ、科学の世界に

限らず言えると思うのね。

 

現代に生きる私たちは

複雑で長ったらしく

根気よく考えを巡らした、

そういう文章に

惹かれる傾向があるよね。

 

 

私はですね、

めっちゃタチの悪い

正当化オンナだったので(笑)

未だにそういう傾向が

ちょくちょく顔を出します。

 

タチが悪いってのはね、

相手の言うこともわかる

なんて、物分かりイイ振りして

結局は自分がやってることが

正しいと周りから共感を引き出す

っていうやり方です(;´∀`)

(↑よく、敵に回したくないって言われてたw)

 

 

でもね、そういう傾向と

上手く付き合うコツを

会得したので(笑)

ちょっと今日はそれをシェア。

 

 

まずね、

正当化したくなるって

そこまでして頑張ったってこと。

 

完璧な自分でいなきゃ

周りの期待に沿わなきゃ

お手本になるようにしなきゃ

ニコニコ笑顔でいなきゃ

・・・って。

 

あのね、もう充分

頑張っている自分に気づいてね。

 

理詰めで正当化する人って、

自分にも厳しいんだよ。

 

自分に優しければ、自分を許せる。

自分を、認められる。

 

自分を認められる人は、

他人も認められる。

 

「事実」と「感情」を

ごっちゃにしないでいられる。

 

 

「正当化したい」と

ムラムラしてきたのなら、

頑張る自分を休ませよう。

 

私も、

正当化したくなる時って

疲れてる時なんだよね。

 

だけど、大体

「大丈夫、大丈夫♪」

とか思ってて、疲れてるの

認めようとしないよ(笑)

 

自分に厳しいって、

こういう所も含めてだから。

 

自分に厳しい自分を、

「いつも頑張ってるね」って。

休ませてあげましょう。

 

自分に優しくできるのは、

「自分に優しく」を決めるのは

自分しかいないんです。

 

 

そして、言葉にならない

自分の感覚

なかったことにしない。

 

それだけで、

世界はびっくりするほど

開けるんだから^^

 

 

実は「正当化」は、

現実を変えたくない

本当は変わりたくない

という思考の表れでもあります。

 

その思考は、

ばっちり現実になるのね。

 

世の中、とてもシンプルです♥