先日お邪魔しました

名古屋市東区にあります

食のアトリエ「ゆいの森」。

 

左:「ゆいの森」の久美さん

中:toricafe岡田シェフ

 

久美さんは、

発酵のエキスパート

でいらっしゃいます。

 

漆喰と杉を使った

結ぶ、つなぐ、落ち着く…

「愛」の溢れる

そんな素敵な場所です。

詳しくはコチラ。

 

 

私、実は大人になってから

「料理教室」って

行ったことなかったんです。

 

だって、私の料理って

そこそこ美味しいので…(笑)

 

そもそもお料理教室は

有閑ママ・マダムの

行く場所だと思っていまして。

(思いっきり偏見w)

あ、偏見と言えばこちらの記事ね♥

 

だって今って知識的なことも

取りに行けば得られる時代だし、

わざわざお教室に行く意味が

分かんなかったんだよね~、

 

って、書いてて思ったけど

私もお教室やってる側だった!

 

そっかそっか、

お教室の意味が分かったぞ。

(自己完結!!)

 

行かなきゃわかんないよね~、

ごめんなさい、皆様♥

 

 

今回、そんな私が

お料理教室に行ったのは、

「先生」嫌い

toricafeオーナー岡田さんが

料理の先生をすると決めた

ゆいの森が気になったのと、

わが家をkurocafeにしよう!

という、ミーハーな動機から。

 

 

知識で食べず、感覚で!

に始まり、数々の岡田節が

炸裂した料理教室でした。

 

View this post on Instagram

今度はお料理教室始めました!って、ウソでーす🤣 #大曽根 にあります、#ゆいの森 にて#toricafe @toricafe の岡田シェフが料理教室をされたので行ってきました~。私、お料理教室って、小学生の時に地域のおばちゃんのおこしもの作り教室に行って以来。 ・ 家庭で普通の主婦がサクッとサラッと作れちゃうアレコレをオモロ毒舌トークとともに公開してくれました✨材料も手順もシンプルで洗い物もそんなに出ない(←ココ重要)、ズボラな私向けで感謝感激雨あられ。 でも、ズボラな人でもできるようにレシピをシンプルにしたわけじゃなくて、足せば足すほど味がボケるからなんだって。 以前、ペトロスキー博士が言っていた科学のお話に通じるな、と思いました~。【真理に近づけば近づくほど、論理はシンプルになる】っての。遠ざかれば遠ざかるほど、論理はややこしく長くなり、一見もっともらしく見えるんだって📖 これ、科学の世界と関係ないようなところでも言えるよね。現代に生きる私たちは、複雑で長ったらしく小難しい、根気良ーく考えをめぐらしたような意見に惹かれる傾向があるよね。大人になるほどそうだ。小難しいことを言う人ほど、偉いような気がしちゃう。 ・ 早速、冷製ポタージュ作りました。自分でチャチャっと作れちゃうと、お風呂上がりのビールみたいにグビグビ飲んでしまう。ビシソワーズをグビグビ…。めっちゃ贅沢。 「お母さん、これ100杯はいける!」「ピッチャーで飲みたいわ!」作りがいのある家族です😂😂😂 カレーパウダーをマリネしたのと、#クラタペッパー を仕上げにかけてみたけどなんか足りない…。あっ、トリュフか! #さすがにトリュフは一般家庭にない#簡単料理#ビシソワーズ#おうちごはん#名古屋市中村区#ママの伸びしろ#ピッチャーで飲みたい

A post shared by Kanako@NAGOYA (@kanachapin55) on

 

食に限らずですが、

嗅覚ってのは大事にしたいと

強く感じた一日でした。

 

 

♥名古屋市中村区toricafe

♥名古屋市東区

食のアトリエゆいの森

 

名古屋近郊にお住いのママ

是非行ってみてくださいね~^^