赤ちゃん連れのママたちが、

良く動くようになってきた

お子ちゃまのオムツ替えに

苦戦しているのを見て、

 

「ふんどしオムツだと

ストレスフリーだよ~。」

 

と言ってみたら、

結構食いついてくれたので

ふんどしオムツについて

ちょっと書いてみよっかな。

 

 

基本布おむつだった我が家。

息子が10か月になった頃から

オムツ替えが困難を極めるように。

 

動きまくるわ、力は強いわ…

で母さんグッタリ。しかも暑い。

 

替えたら替えたで、

おむつカバーがあたるから

動きづらそう&暑そう。

 

娘は小さくスリムだったので、

おむつカバーしてても

動きづらそうな感じはなく、

おむつ替えもサクッといってて。

 

だから、息子は

もー、フル〇ンで行くか!

と思っていたんです。(←マジです)

 

そんな時、

母がふんどしオムツなるものの

存在を教えてくれたんですね。

 

おむつを留めるゴム(布で巻いてあるの)

をもらったのですが、

そのゴムがきつそうだったので…

 

我が家はコレでした。

 

はい、

バンダナDEふんどしオムツ

の生活やってました。

 

私にとってはコレ、

ストレスフリーだったんです。

 

汚れたらペッとはがして

新しいのピッと挟むだけ。

 

 

親目線からのデメリットは、

床が汚れることですね~。

 

ふんどしオムツは

布をピッと挟むだけなので、

漏れます!!

 

わが家は、1歳半過ぎまで

離乳食始めてなかったので、

ウン〇の時なんか・・・

盛大に漏らしてました。
(離乳食始めてないとウン〇ビチャビチャ)

 

気づかずにいると、

顔や体中ウン〇を塗りたくり

自分で作ったウン〇沼の中で

楽しそうに遊んでいました。
(今でこそネタになるけど。)

 

私、ズボラなもので

拭き掃除にまであんまり

手が回らないから、

漏らしてくれることによって

床の掃除ができてた感じです。

というか、せざるを得ない(笑)

 

ふんどしオムツ生活だと

おむつカバーを使いません。

 

おむつカバーの汚れって

落ちにくかったから、

それがないのも良かったな~。

 

とはいえ、

何をストレスと感じるか

それは、その人次第です。

 

①我が子の排泄物が床に漏れることが嫌でないか。

②ふんどし(布おむつ)を洗うのが嫌でないか。

 

以上二つがクリアできれば

こっちの世界へどうぞ~(笑)

 

ちなみに、

我が子のために
(自分はイヤだけどやる)
とか、
節約のために
(自分はイヤだけどやる)

ってのだと、苦しいと思うな~。

 

 

 

参考までに、

ウチは使用していた輪オムツを

前を厚めにして長方形にたたんで
(お尻の方を若干広めにするから台形か)

使っていました。

 

洗う時は手洗い+洗濯機で。

 

ウン〇のふんどしは水洗い後、

蓋つきバケツにドボンして、

色が取れない部分に

セスキ炭酸ソーダというのを

振りかけておきました。

 

で、ほっとけば

簡単に着色汚れが落ちます~。

 

手洗いでキレイにしてから、

最後は洗濯機でガコガコします。

 

雨が続いて布おむつがなくなったら、

いらない服とかタオルとか

とりあえずまぁそこら辺にある

おしり触りの良さそうな布を

ふんどしにしてました。

 

この辺、かなりテキトーです。

 

長時間のお出かけ、

私の気分が乗らない時…

なんかは、ふんオムはパス。

 

夜寝るときや

ちょっとのお出かけは、

おむつカバーつけてました。

 

 

いきなり毎日

ふんどしオムツはきついから、

週に一回

ふんオムDAYを作る!

で初めてみるのもいいかもね♥

 

 

以上、

ふんどしオムツアドバイザーの
(↑今作ったw)

Kanakoでした~(^O^)/

 

 

さっき図書館で見つけた本。

私がやったときにコレがあれば

試行錯誤せずに済んだと思う(笑)