ランディー由紀子さん

ひょんなことからこんな話に。

 

 

私ね、タイトルにある通り

めっちゃ嫌だったのよ、

アンパ〇マンとかノンタ〇とか

キャラもの借りられるのが!!

 

 

名作や、「~のふしぎ」系とか

とにかく私のお眼鏡にかなう

母親の私が納得できる絵本を

手に取ってほしかったんだよね。

 

アンパ〇マン、2歳くらいの時

絶対持って来てたよ。

「おかーたーん、これ♥」って。

 

 

で、その時の私はといえば、

「またかよ…!」

と言わんばかりの鬼の形相

アーンド、ため息!!

 

コレ本当だから…。

笑えるし泣けるわ、今思うと。

 

 

でも当時は大マジメ。

 

「我が子をどうこうしよう」

その前に私は、

なぜアンパ〇マンがイヤなんだ?

って、【私】と向き合ってみれば

 

あの時のアレもコレも

あっさりと解決したんじゃないかと

今になって思うわけです。

 

 

 

つまり、

親のジャッジメントをなくす

ってこと。

 

これはね、

自分と向き合うという

荒治療が効きます(笑)

 

 

どんなに本を読んでも

どんなに情報を仕入れても

どんなに与えていても…

まだ何か、足りない気がする

そんなこと、ありませんか?

 

いつまでも、

足りない、足りない、

まだ足りない!と思っちゃう

そんな自分にグッバイしましょ。

 

現在小二。愛読書は忍たま乱太郎。

 

【笑える!由紀子さんの過去記事】

マネージャ型お母さん