名古屋からZOOMで全国のママへ

脱・幸せなフリ、「私なんて…」
「あなたのためだから」症候群!

ママの自信増福アドバイザーKanakoです。

 

この記事は、私が2度発症した
【血球貪食症候群】についての
情報カテゴリーのものです。
1度目:14歳(脳症も併発)
2度目:29歳

今もなお情報の少ないこの病気。
少しでもお役に立てますように。

 

血球貪食症候群の診断まで

 

まずは1回目(14歳)の時。

 

受診にいたるまでは、

このように記録されています。

H10年8/2~発熱・吐き気出現。8/3からは腹痛も出現。頭痛も続き、8/5、近医受診。採血上異常なし。8/6当院(総合病院)受診。H10年2月ごろから月経なく、倦怠感も繰り返していた。

 

この時は、

塾の夏期講習真っただ中。

 

だるい…と思いながらも、

怠け心かな~、なんて思って

体にムチ打ち朝から夕方まで

塾にこもりきりの生活。

 

 

うちの母は、

自分のペースを乱されるのが

とても嫌いなタイプです。

ワーママで、更に地域の仕事や

役員もホイホイ引き受けるので

常に忙しかったんです。

 

ちょうど弟が荒れはじめ、

学校や警察からの呼び出しも

出てきた時期でした。

 

愛想は最高ですが、

感情の起伏が激しく(豊かともw)

マシンガンのように怒るので

敵に回したくないタイプ。

 

だから、できるだけ

イライラさせたくないと

いつも思っていました。

 

熱が下がらないのも、

自分が辛くてイヤというより

まだ熱が下がらないって言ったら

お母さん怒るだろうな~、

「急に病院なんて!」って

嫌がるだろうな、どーしよー…

って考えていました。

 

だから、

「ちょっとダルくて~。」

を3日も通し、4日目にやっと

近所のクリニックを受診。

 

私としては、

今までにない怠さだったのと

3日も38度~40度が続くのは

さすがにおかしいと思ったので、

風邪ではないと思っていました。

 

ですが、そこでの診断は夏風邪。

 

とにかく、

おかーさんごめんね!!
ただの風邪だった、スイマセン!
あー、塾も休んだし・・・

って気持ちでいっぱい。

 

こんなことなら

大人しく寝とくんだった…

と、めっちゃ反省しました。

 

とにかく薬を飲んで

明日はきちんと塾に行こう。

 

でも、それからが悲劇。

覚えている所まで書きます。

 

 

解熱剤というのが効かない。

 

一時的に熱が下がるものの、

すぐに40度越え。

 

確かその後、

今まで39度台に下がったり

していた体温が下がらなくなって。

 

それでも一日粘って…

衰弱して意識が朦朧とする私

さすがの母も、これはおかしいと

夜中に総合病院の救急に

連れて行ってくれました。

 

私はそこでも「ごめん…」と

言っていたと母から聞きました。

 

入院時、頭痛嘔吐繰り返しており、夜間に見当識障害、せん妄出現。

 

もう、これ以降は

8月末まで記憶がないですが

ただ、母が優しくてホッとした

それだけは覚えています。

とても幸せでした。

 

==============

ママたちが自信を持ち
子育てをもっと気楽に楽しめる
そんな情報を発信しています^^

ご登録お待ちしています♪

LINE@はこちら
友だち追加
ID:@urk3166o
おためし講座の予約や急ぎの質問は
こちらからだとスムーズです(^O^)/

自信を底上げするための
3つのアプローチ

乳幼児・小学生を子育て中の
ママの自信を取り戻す近道!
コンプレックスを自信に変える

★ママ英語講座★

★もいちど英語★

お仕事で女性に関わる方々の
技術を最高の状態でお届けする
サポートをさせていただく
★エネルギー調整(振動数)★

さらに魅力的なあなたへ!
★顔ヨガ★

お気軽にお問い合わせください^^