先日、

とても興味深い学びを得ました。

 

「成り行きまかせ」と聞いて

どんなイメージを持たれるでしょうか?

 

私は、ほったらかしのような

ネガティブなイメージが浮かびました。

でも、それを違う視点から見る

キッカケとなるお話をいただきました。

 

複雑さには2種類あるという話です。

  1. 自動機械のような複雑さ
  2. 人間のような複雑さ

 

1つ目は

歯車のような精密機器的な複雑さ、

そして2つ目は

バイオリズムや月経などの

緻密な予測や人為的な設計なしの

複雑さを持ったものです。

 

私たち親が、2種類の複雑さを

混同せずに子育てをすることって

とても大事だと思うのです。

 

時代が進むにつれて、

子どもたちに要求されるものは

複雑さを増していますが、

一体全体、今の社会は

どちらの複雑さにフォーカスして

子育てをしているでしょうか?

 

自動機械のように

予定して精密に作った複雑さには、

少しのチリやホコリ、衝撃で

使えなくなるという点があります。

 

緻密な予測や人為的な設計なしの

複雑さの場合は、揉まれる中で

強くなっていく、成長していく

正に予測できない発達があります。

 

良かれと思って、綿密に計画して

レールから逸れないよう育てることが

わが子の未来に制限をかけてしまう

可能性もあることに気付けたことは

とても良かったと思っています!

 

これからを生きる子どもたちには

少しのチリや衝撃にも動じず、

いや、むしろチリや衝撃を楽しみ進む

強さと柔軟さを持ってほしいと思います♪

 

このお話は、ママ英語講座の

特別顧問であるペトロスキー博士より

伺った「散逸構造」のご高話の一部です。

 

私にとっては

拒否反応の出そうな物理学の世界を、

わかりやすくかみ砕いて子育てに

応用できる知恵に変換してくださいます。

 

ママ英語講座の中でも

動画講義を受けるのですが、

ママさんたちにも大人気の博士です!

 

 

是非一緒に、家庭で

子どもたちに幅広い豊かな教育を

与えるための秘訣を学びませんか?

 

*****************

わが家が唯一お世話になった

コスパ最強の幼児教育講座はこちら。

 

受講体験記もご覧くださいね~!

【チルドレン大学】受講後7年の記録・口コミ・情報

 

★ーーー☆ーー★ーーー☆ーー★ーーー☆ーー★ーーー☆

◎note始めました◎

【発達障害&脳障害の現役ママ発】
大きくなって赤ちゃんからの発達をやり直した私だからこそ伝えられることを発信中!

・療育、発達支援を受ける側の視点からのお話
例:学習障害、知ってるつもり?(識字障害・ディスレクシア編①)

・どんなことがどういう発達につながったか
例:意識障害から覚めてからのざっくりリハビリ記録

・言葉や動きを獲得していく上で大切だったこと
例:学習障害、知ってるつもり?(識字障害・ディスレクシア編②)

・支援されるうえで力づけられたorNGな言葉がけや接し方
例:施設での療育をどのように感じていたか

・おうちでできる療育や発達を促す取り組み
例:【おうちでできる療育】発達支援で軽視されがちな点 など・・・

 

◎YouTube「学習障害かあちゃんねる」

【見えない障害】を持つ当事者視点での情報や、発達障害、高次脳機能障害とともに人生を彩り豊かに前向きに進んでいくコツをYouTubeで発信中です。

 

◎Instagram◎

宇宙のささやきに耳をすませながら、スピリチュアリティも大切に子育てをしています。
援助される側の視点も持ちながら、子育てにリハビリの経験を活かした取り組みも入れています♪
定型発達であっても、発達を援助する取り組みは成長過程でとても大事だと体感しています。
子育てのアイデアなど、受け取っていただけたらうれしいです^^