絵本「はらぺこあおむし」が理科の興味の入口に|蝶の羽化に立ち会う

広告
はらぺこあおむしが蝶になる場面って、たまらない♪
だからって家の中でケースに入れず羽化させるか(笑)

ほとんどの幼児、そしてもちろん大人も知っている「はらぺこあおむし」。

世界中で愛されてやまない、絵本「はらぺこあおむし」の魅力とは何なのでしょう。

幼いころに出会った絵本の魅力は、その人の人生を形づくる原体験となります。

この絵本との出会いが、成長してからの興味にも繋がった我が家の例もご紹介します。

蛹(さなぎ)の羽化を観察中の子どもたち@家の中(!)

 

広告

「はらぺこあおむし」の魅力とは?

小さい時は、「はらぺこあおむし」のしかけの魅力にはまりますね。

穴が開いていたり、曜日が進むごとにページが大きくなっていくところがあります。

子どもが小さいうちは、話の内容より視覚や触覚が優位だという傾向があります。

わが家では、仕掛けを触っても破れにくいボードブックを購入しましたよ。

子どもが絵本の魅力にはまって触っているのを止めたくなかったので♪


また、心が明るくなるビビッドな色使いや、あおむしの成長に感動するシンプルなストーリー。

シンプルなお話×色使いの鮮やかさは、心をつかむのに最高の要素ですね!

 

こちらもどうぞ!

絵本の読み聞かせをして育てても本嫌いになる?意外と知らないその理由とは

 

魅力が「知りたい」の源泉に!

幼いころから心をつかんだ絵本は、成長の家庭でもひょっこり顔を出して心を動かすのです。

小学生になって「はらぺこあおむし」の絵本から、新たな興味が広がったわが子の話をシェアします。

実は子どもたち、羽化の瞬間を見ることに憧れていました。

 

  • 蝶が産んだ卵から青虫が生まれる
  • 青虫が蛹(さなぎ)になる
  • 蛹が蝶になる

という、成長の基本的な流れは絵本や図鑑で見で知ってはいたんです。

が、「知っている」だけより、リアルに感じたいというのがあったのかもしれません。

といっても、生物に関しては命の神秘的な営みの領域。

散歩の途中で蝶の卵を見つけ、孵化させたことはあります。

が、絵本のとおり青虫はよく食べるんです!

まさに「はらぺこあおむし」という呼び方がピッタリ。

「このまま葉っぱを調達することもできるけど、自然に戻そうか。」

という話になり、卵→青虫の成長過程しか立ち会ったことはなかったのです。

自然・なりゆきに任せながら、羽化を見るタイミングとチャンスを待っていました。

 

広告

蛹(さなぎ)の羽化を生で見る

現代では動画サービスや図鑑も充実しており、間接的に知ることというのは簡単にできます。

でも、子どもたちが望んでいたのは、羽化をリアルで見て感じること。

だけど、そのチャンスに出会えるかどうかは、神のみぞ知る!

…と思っていたところ、小学生になり、ようやくそのタイミングが来ました。

近所のお友達から、「庭のレモンの木で青虫がたくさん蛹になったから、一匹どうぞ。」と。

密集状態で羽化した場合、大変だもんね。

自然の営みの途中で、少し蛹をお借りして羽化を観察することに。

 

大切な「ひたすら見守る」こと

羽化に関しては、私たちにできることは何もない。

ただそっと、余計なことをせずに待つだけ。

言うのは簡単ですが、私たち親にとっても「余計なことをせずに待つ」って難しい。

ついつい蛹をつついてしまったり、親の都合で響かない声掛けをしてしまったり…。

大切なのは、その時が来るまで待つことなんですね。

そんなことを思いながら、羽化を見守る子どもたちを見守ります。

 

焦らない子育ての秘訣は「スピリチュアル子育て」にあり!

スピリチュアル子育てとは|母親の本心と言動を一致させることの重要性

 

お友達から預かった蛹は紙にしっかりついていました!

木で羽化しているような感じにするため、養生テープで本棚にこんな風にくっつけてみました。

羽化が近づくと、蛹の色は黒っぽくなり模様が透けてきます。

 

「はらぺこあおむし」の美しい蝶が現れた!

あまりきれいとは言えない蛹から、本当にきれいな蝶が現れました!

飼育ケースなしでも、羽化は身近でリアルに感じることができるのですね。

ひらひらと家じゅうを飛び回る蝶。

息子にひらりと降り立つ優雅さと安定感、美しい模様に息を飲みます。

蛹が割れてから羽化までは結構あっという間で、1分もかからないくらいでした。

蛹から出てきたときはまだシワシワだった羽根も、10分ほどでピンと立派になります。

自然の進化は素早くたくましい!

子どもの、あっという間の成長とも重なってなんだかまぶしい。

 

読み聞かせも五感をつかって楽しもう

小さいころの読み聞かせから繫がる、新しい世界への興味。

青虫の羽化は、自由研究にもピッタリですね。

こんな、小さな奇跡が毎日どこかで起こっている…そんな神秘を肌で感じられるって大きなことです。

頭で理解するだけじゃなく、五感をつかって肚に落とし込む。

そんな小さな経験の積み重ねが、その人を形づくっていくのでしょう。

それでは皆様、Happy Reading!

 


眺めるだけで美しい図鑑です♪

 

★LINE登録で「0円でできる一生モノの家庭教育」の動画をGETいただけるようになりました!
友だち追加

お教室や教材に頼らずとも、ママが家庭でできることはたくさんあります!

SNS映えする華やかなことではなくシンプルなことを積み重ねる。

愛情あふれる家庭教育を一緒にしていきませんか?

いつでもお待ちしています!

おためしママ英語

ママ英語講座