「発達障害は治らない」にガッカリしないで|回復に大事な3つのこと

広告
発達障害って治るの?治らないの?
様々な意見がありますが、いち当事者の経験や診断からの答えをシェアします。

※脳のスライス写真が出てきますので、苦手な方はご注意ください。

 

発達障害については、治るとか治らないだとか、良くなるとかならないだとかいろんな意見があります。

脳に損傷を受け、高次脳機能障害、後天的な発達障害となった私。

診断後20年ほどたった後の脳はどうなったのか気になりませんか?

実際の脳のMRI写真もお見せしながら、お話していきます。

 

広告

発達障害は良くなる?

私が自分の経験と体感、そして診断、トータルで見て出すと、発達障害は良くなります。

治るという言い方はできないのですが、見方によっては、良くなると言えます。

こちらが、私の小脳です。

受傷後約20年の脳写真:小脳部分が萎縮したまま

 

頭の後ろ部分にある塊が小脳と呼ばれる部分ですが、その小脳が縮んだままなんです。

動画の中では、主人の脳写真(正常な脳)と比較して説明もしています。

障害を受けた中枢神経系は戻らない

一般的に、「中枢神経系は一度障害されると完全な回復はない」と言われています。

実際、約20年経っても私の脳は戻ってはないんです。

発達障害を脳機能の障害と見た時、「治らない」って言われるのは、こういうことからでしょうかね。

ですが、治らないという言葉にガッカリして欲しくないんです。

物理的に治っていなくても、脳には損傷した細胞に代わって他の細胞が活躍して

回復を助ける力があると言われていますし、実際私もそう感じています。

 

治らなくても再発達させる3つのポイント

私がここまで機能を発達させた中で、大事だと思った3つのことをお伝えします。

  1. 幼いと思われることでも存分にやらせる
  2. 機械音と距離を置く
  3. 睡眠時間をたっぷり与える

軽視されがちなポイントかもしれませんが、この3つに時間を取ることは重要です。

 

1.幼いと思われることでも存分にやらせる

まず1つ目が、幼いと思われることでも存分にやらせるということです。

年齢の割にやることが幼いと、親御さんから見た時、ちょっと焦ってしまうことってあると思います。

特に、早い発達を願っているほど焦りが出るのではないでしょうか。

でも、幼いと思われることでも、「やらせ切る」ということをとことんさせてあげてください。

私は、入院していた頃は知能レベル3歳の中学3年生で、子ども向けの教育番組が大好きでした。

同室だった4歳くらいの女の子と、一緒にテレビを見ながら本気で歌って踊っていました。

お見舞いに来た私の友達はドン引きしていましたが、誰も何も言いませんでした。
(友人いわく「衝撃的過ぎて何も言えなかった」とのことです。)

大学生になっても幼い所って残っていたんですね。

例えば童謡をリピートしていたり、ずっと積み木しては崩してを繰り返したり、泥団子づくりしてたり…

それでも家族は、好きなようにさせてくれていました。

 

2.機械音と距離を置く

そして2つ目は、機械音と距離を置くということです。

これは特に、自分の意志で色々選択できるようになる前の段階では大事かなと感じることです。

自分で音を作る(話す)ことに慣れていない時の機械音って、ただ疲れるものでした。

機械音があると、どの音が大事な情報なのか判別するのにとても時間がかかり、大変でした。

上手く表現できませんが、機械音があると、頭の中が取っ散らかるんです。

話したい言葉が頭に浮かんでも、口に出そうとすると上手く表現できないことがかなり長く続きました。

意識信号が肉体に伝達するための接続が上手くいかないために起きることかもしれません。

なので、脳と体の動きの連携が上手くいくまでは、機械音と距離を置くのがいいのではないかと感じました。

 

3.睡眠時間をたっぷり与える

そして3つ目は、睡眠時間をたっぷり与えることです。

いろいろなことを早くできるようになるためには、情報や刺激を与えなければ、と思うかもしれません。

ですが、十分すぎる睡眠の方がはるかに重要です。

発達途中というのは、ただ目覚めているだけでエネルギーを消耗します。

情報が入ってきても、すぐに容量オーバーになってしまうんです。

睡眠を取って情報が入ってくる世界をシャットアウトしないと、情報の処理ができないんです。

疲れやすく、すぐ眠ってしまうのは、一気にこれ以上の情報を受け入れられないからだと思ってもいいです。

睡眠をただの脳の休息時間と思わずに、回復への必要不可欠な時間と見てください。

 

広告

まとめ

脳の写真を見ても分かるように、損傷を受けた中枢神経が戻ってはいないというのが事実。

かなり回復したと思われる私の例でも、発達障害が治るとは言えないのが正直なところです。

ですが、治らない=良くならないということではありませんのでご安心ください。

是非、上に挙げた3つの点を意識して、貴重な時間を大切に過ごしていただきたいと思います。

 

\こちらも是非どうぞ/

【学習障害】関連記事

【発達障害&脳障害の現役ママ発】赤ちゃんからの発達をやり直した私だからこそ伝えられること

学習障害の当事者が親になる|見た目ではわからないことをブログで発信中

 

※当記事や動画など、体験談の引用やリンクはご自由にどうぞ。
引用の際は、記事へのリンクとサイト名を明記の上ご利用ください^^

 

今も未来も豊かな子育てライフを引き寄せる一歩♪
Kanakoと繋がる公式LINEはこちら↓

友だち追加