さかなのこ|女優のんが演じる「さかなクン」の成長を描く心温まる映画

広告

さかなクンって面白いよね!

ミー坊(さかなクンのあだ名)が、私たちの知る「さかなクン」になるまでのストーリーを描いた映画『さかなのこ』が、2022年9月1日に公開されます。さかなクンの自叙伝をもとに制作された映画です。

一部では発達障害ともいわれるさかなクンがどのようにして今のような彼になったのか。さかなクン本人も出演しているシーンも含めた予告編などの情報を、公開前にチェックしましょう!

 

広告

あらすじ・ストーリー

映画「さかなのこ」は、講談社から出版されているさかなクンの自叙伝「さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~」が原作となっています。


 

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はそんなミー坊を温かく見守り、心配するよりもむしろその背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行く。

シネマカフェより引用)

映画の中では、なんと現在のさかなクン本人が登場!「ギョギョおじさん」として、映画の中では重要な役を演じるそうです。下で紹介しているYouTubeでは、本編で使用されているさかなクンのシーンを少し見ることができますよ。

 

キャスト・主題歌

さかなクンを取り巻くキャストはこのようになっています。

  • のん:ミー坊(さかなクン)
  • 柳楽優弥:ヒヨ(幼なじみの不良)
  • 夏帆:モモコ(幼なじみ)
  • 磯村勇斗:総長(不良グループの親分)
  • 井川遥:ミチコ(ミー坊のお母さん)

女優・のん演じるミー坊(映画の中でのさかなクン)の学ラン姿も、違和感なくはまっています。また、本編映像YouTubeで出てくるカブトガニに驚くシーンもさかなクンそのまま!とても特徴をつかんでいると感じました。

そして、さかなクンと中学・高校を一緒に過ごしたというドランクドラゴンの鈴木拓も映画に出演。ミー坊たちの学校の先生という役どころです。現在もお二人は親友とのこと。知らなかったです~。

CHAIによる主題歌

主題歌は、NEOかわいいと言われる次世代4人組バンドCHAIの「夢のはなし」。つまり、新しいかわいらしさを持ったバンドということですね。昨今では、雑誌の表紙やCM・音楽番組への出演など、メディア露出もどんどん増えてきているんです。幅広い年代に受け入れられているバンドというのも、映画の主題歌にピッタリですね。

愛知県出身ということで、個人的にもめっちゃ応援しています!

 

広告

見どころ

今のさかなクンを育てた人や環境がどう描かれているのでしょう。もちろん、自叙伝にフィクションも加わり制作されている映画なので、さかなクンの生い立ちそのままではないのですが。ですが、ちょっと変わった特性を持ったさかなクンが現在のように活躍されている姿は、幼いころからの温かい周囲の見守りがあってこそでしょう。

また、さかなクンを愛情いっぱいで見守ったお母さんがどのように描かれるのかも興味津々です。一部では発達障害とも噂される特性を持つさかなクンのお母さんは、いつも息子の「好き!」を応援してくれたと言います。でも、それってすごく難しいこと。子育て中のお母さんたちにとっては、そこも見どころですね!(いや、私が個人的にすごい楽しみにしてるw)

私自身は病気による後天的な発達障害(中学生の時に診断)ですが、寄り添ってくれる人がいるということはとても重要だと感じています。さらに応援までしてくれるだなんて神ですね!親の気持ちとしては、「どうにかして周りの子と同じようにさせたい」だと思いますし、私の親もそうでした。でも、諦めたそうです(笑)

 

◎私の発達障害記事はこちら◎

「発達障害は治らない」にガッカリしないで|回復に大事な3つのこと

【発達障害】どうして人の話を落ち着いて聞けないのか|当事者が明かす謎

 

今から映画「さかなのこ」の公開が待ち遠しいですね!
今日もお読みくださりありがとうギョざいました^^