おうちで手作りアイス!子どもと一緒にできる簡単レシピ3つ

お母さーん、アイスが食べたいっ!
今日も明日も明後日も、毎日アイスでいいくらいだよー!
そうだねー、賛成っ!!ママも暑くてたまらない…。
この夏はたくさんアイス食べようね♪
とはいえ、何度も食べるとなるといつも市販のアイスじゃ なんか気になるよね~。

アイスはとろーりとした食感と濃厚な甘さが魅力ですが、食品表示を見ないフリしたいほど砂糖や添加物が多く含まれているんですよね。

たま~に食べる分には、私は「食べたい♥」を優先してニコニコ美味しくいただくのですが、アイスは夏のおやつとして家庭でも登場することが多いのでは?せっかくのアイスを添加物などが気がかりで心から味わえないとなったら…、身体に負担をかけているだけでなく心にも負担をかけているということになりますね。

わが家では、夏場はおうちでお腹も心も満足するアイス作りをします。簡単で、おうち時間を楽しく過ごす一つのアイデアにもなると思います。幼児でもアイス作りに加われます(うちの子は実際に3歳からやっていましたよ♪)ので、そのレシピ3つをお伝えしますね。

 

レシピ①:生クリームアイス

いきなりお洒落でしょ?でもこれ、家で本当に作れるんですよ!えっへん^^

 

材料:生クリーム(1パック)、卵(1個)、はちみつ(好みの分量)

  1. 卵を卵黄と卵白に分け、卵白をメレンゲ状に泡立てる。
  2. 生クリームと蜂蜜、溶いた卵黄をそーっと回し入れ、切るようにさっくり混ぜる。
  3. 混ざったら、冷凍庫に入れて固める。

 

途中で冷凍庫から出して混ぜなくても、柔らかいアイスクリームになります。1.でメレンゲを作る時に、大きめの蓋つきボウルですると、材料をすべて入れた後に容器ごとそのまま冷凍庫に入れることができます。洗い物が少なくて済むのでおススメでーす。

お子さんが上手くアイスをすくえなくても、カップにフルーツと一緒に盛れば、こんな感じにオシャンなインスタ映えするおやつになるよー!

是非是非お子さまにも盛り付けまでトライさせてみてくださいね~^^

 

レシピ②:ナッツミルクアイス

アイスキャンディーの型に手作りアイスを詰めるとこんな感じで食べられます。

 

材料:ナッツミルクを作った後の残りの固形部分、ヨーグルト、好みのフルーツ

*分量はナッツミルクの残りのガラの量に合わせて適当に。

 

  1. 材料すべてをボールに入れてかき混ぜる。
  2. 混ぜたらアイスキャンディー型に入れ、冷凍庫で固める。

 

この時に使用したフルーツは、バナナとキウイです。

私、分量はほとんど計算せずに進めていく派なので、写真の感じに近づくぐらいのドロドロさにしてもらえれば、と思います。

ナッツミルクというのは、カシューナッツと水で作る牛乳の代替飲料のようなもの。ナッツミルクの作り方はネットで調べれば出てきます。ナッツミルクを作った時にできる残りの部分(豆乳を作った時に出るおからの部分みたいなもの)が、このアイス作りでは活躍しますよん♪

個人的には、豆乳より飲みやすいと感じます。アイスキャンディーの型はこういうのがお安く売っています。繰り返し使えてひとつあると重宝しますよー^^

 


パール金属 シャリット しろくまくんアイスキャンディーメーカー マルチカラー D-963

 


アイスキャンディーメーカー 簡単 お手軽 アイスがお家でできる アイスクリーム型 アイスキャンディ型 製氷器

 

レシピ③:フローズンフルーツ

市販のフローズンフルーツメーカーで作ります。

 

材料:バナナ(必須)、お好みのフルーツ

 

私の使っているフルーツメーカーでは、バナナを入れないとトローリとしたフローズンアイス感が出ないということだったのですが・・・好きなフルーツだけで作れるものもあるのかな?あったら是非教えてくださいね~。

 

わが家で使っているのはこちらです。


フローズンフルーツメーカー EB-RMFD1

 

 

 

以上、お菓子作りをなめてるの?と言われそうな手抜きレシピですが、簡単だからこそ日常ササっとできる心にも身体にも優しいアイス作りのレシピ3選でした。

暑い夏は梅雨が明けるこれからが本番です。おうちでお子さんと気軽にアイスを手作りして、是非是非楽しい思い出を作ってくださいね~。