オリンピック候補SASUKE|海外の反応も大きいサスケ風アスレチックならココ

広告

SASUKEがオリンピック競技になるかもしれないってさ!

TBSの人気テレビ番組「SASUKE~Ninja Warrior~」が、オリンピック競技として検討されています。海外版のSASUKE番組もあるほど世界でも人気なSASUKE。

そんなSASUKEを手軽に楽しむことができる、日本国内のアスレチックをご紹介します。

近代五種競技の候補にまでなっているSASUKEは、まさに日本のテレビ番組が生んだ障害物レース!

◎SASUKEのテスト競技動画はこちらに上げました◎

【動画あり】SASUKE五輪へテスト競技|若者の視聴者を取り戻すためなのか

 

SASUKEのTBS公式ツイッターでは、『本日からトルコで行われる近代五種の大会で「馬術レース」に変わる新種目「障害物レース」のテストイベントとして欧州版SASUKEのセットが使用されることが決定 使用予定のセットは「Wall Flip」「Parallel Pipes」など4種類』と、報告されています。

 

広告

海外でも大人気のSASUKE

日本発のSASUKEは現在、全世界160以上の国で放送されている人気番組。

SASUKEがオリンピック競技になるかも…と盛り上がっている方は海外にも多くいることは間違いないですね。

 

SASUKEの海外版

世界中でSASUKEが放映されているだけでなく、海外版のSASUKEも大盛り上がりを見せています。海外では「Ninja Warrior(ニンジャ・ウォリアー)」と呼ばれています。力だけではない、俊敏性や柔軟性なども兼ねそろえた身体能力を必要とするSASUKEを表すのにピッタリですね。

こちらはアメリカ版。

 

 

そしてこちらがベトナム版です。

海外版も見ごたえたっぷりです。海外ではSASUKEの人気上昇に伴い、SASUKEのようなトレーニングセットが設置されたジムも増えたほどです。

例:Sasuke Fitness: Hong Kong’s First Ninja Gym(香港)

Ninja Academy (オーストラリア)

 

手軽にSASUKE風アスレチックを楽しむなら

SASUKEを見ていると、なぜか「自分もできるかも!」なんて思ってしまう方は私だけじゃないでしょう(さすがにアラフォーの今は思いませんが、若い時は思っていましたw)

SASUKEファンもそうでない方も、大人から子どもまで楽しめるチャレンジングなアスレチックがある公園や施設をご紹介します。日本国内にあり、2022年現在も利用できる最新情報です。人気YouTuberのフィッシャーズが来たことで、さらに知名度UPしたアスレチックもあります!

現在、感染拡大防止のため入場制限を行っている施設もあります。そのため、施設によっては予約制になっていますのでホームページで確認してからいかれることをお勧めします。

北海道・東北

北広島レクリエーションの森(北海道)
※令和4年4月23日より再開園しています。

関東・北陸

清水公園フィールドアスレチック(千葉)

CROSPO(クロスポ)(千葉・東京)

ニンジャパーク(東京・千葉)
※2022年5月に関西初出店しました!

中部

南知多グリーンバレイ(愛知)

フォレストアドベンチャー・新城(愛知)

関西

六甲山アスレチックパーク GREENIA(兵庫)

中国

SOSU ATHLETE(広島)

九州・沖縄

サヴァイヴアスレチックパーク熊本(熊本)

 

末っ子を抱っこしながら、上の子たちとアスレチックやってました。

「アクティブに動ける」を重視して選んだ3人目の抱っこ紐レポートはこちら!

【抱っこ紐】新生児から使える安定感抜群のディディモスdidymos|結び方動画も

 

広告

SASUKEを合言葉にアスレチックを楽しもう!

日本語がそのまま世界共通語として知られている例はそう多くはありません。「寿司」、「天ぷら」、「着物」など、海外の国々に浸透している日本文化をあらわす単語が多いです。「サスケ」もそのうち広く海外でも認知される言葉になるのでしょうか。

日本国内でも、もしかしたらアスレチックの呼び名が「SASUKE」になったりもするかもしれませんね(笑)これからの近代五種の選考からもますます目が離せません!まだオリンピック競技に決まったというわけではないですものね。

ですが、1990年代後半から続く国民的テレビ番組からのオリンピック競技候補誕生というのはそれだけでもワクワク嬉しい気持ちになる方も多いはず。SASUKEをしばらく見ていなかった方も、これを機にSASUKE熱が再燃するかもしれませんね。

熱中症対策をしっかりして、家族や友人とSASUKE風アスレチックを楽しんでみるのもおすすめです。もしオリンピック競技になったら…6年間みっちりトレーニングして出場も狙えるかもしれませんよ!

では、本日もお読みくださりありがとうございました。

 

◎外で遊ぶときは暑さにホントお気を付けください◎

2022年も熱中症がヤバイ!こんな事故も…|節電ポイントと安全を両立できる?