【小児矯正】マウスピース矯正プレオルソのメリットは知らなきゃ損!!

広告
こども歯ならび矯正法「プレオルソ」のメリットをご存じですか?

長女が幼稚園年長の時にはじめた小児矯正。

現代では小児歯科矯正の方法は一つではなく、選択できる時代です。

今までにも実際の体験談や親目線からの「プレオルソの現実」について記事にしてきました。

今回は、知らなきゃ損!な、プレオルソのメリットについてお伝えします。

 

この記事を読んでわかること
  • 保護者視点で見たプレオルソのメリット

 

広告

プレオルソの特徴

プレオルソはワイヤーの力で歯を動かすのではなく、マウスピースを使います。

マウスピースやトレーニングにより自力で頬や舌の筋肉を鍛えることで、器具の力に頼らず歯並び改善。

顎がまだ小さかった娘(プレオルソ開始時5歳)でも無理せず付けられました。

小児の成長を生かした矯正

大人の歯(永久歯)に生え変わった後の矯正となると、ワイヤー矯正が一般的です。

目立たない色のワイヤーや、カラフルな装置などもありますが、ワイヤー矯正に変わりはありません。

私がプレオルソを選んだ大きな理由が、「小児ならではの成長を生かす矯正」であったこと。

「小児ならではの成長を生かす矯正」が選んだ大きな理由であったことは記事にしてあります。

【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①~はじめるまで&途中経過~

 

取り外しができる

マウスピースの取り外しができるのも大きな特徴。

ワイヤー矯正ですと、通常は固定式のため取り外すことはできません。

そして、100%ワイヤーの力で動かすため違和感や痛みが強いです(母は経験者)。

対して、プレオルソのマウスピースは装着が就寝時と家出の1時間程度。
(ちなみにわが家の娘は、就寝時しかつけていませんでしたw)

違和感や痛みが続くようなら柔らかいゴム製なので、先生に簡単に調整してもらえます。

また、食事や歯磨きの時にも装着の必要がないので、口腔内を清潔に保ちやすいというメリットも。

 

100点満点の歯並びを目指さない

ワイヤーを使ったいわゆる「本格矯正」は、器具の力で100点満点の歯並びを目指すもの。

それに比べ、マウスピースを使ったプレオルソは、成長を生かし80点の歯並びを目指すもの。

プレオルソを始めるときに歯科医の先生から聞いたことです。

健康的な生活と実用、そして見た目の上で十分な「かみ合わせ」と「歯並び」にするのがプレオルソです。

 

一般的な「歯の矯正」のイメージ

一般的な歯の矯正のイメージは下の通りかと思います。

昭和世代の親御さんだと同じようなイメージを持たれているかもしれません。

  • 痛い
  • 費用が高額
  • 装置を入れた後の虫歯が気になる
  • 学校生活に影響が出そう

また、子どもの歯科矯正の始めるタイミングが分からないという話もよく耳にします。

確かに、乳歯が生えている段階で受診すべきなのかどうか、タイミングには私も悩みました。

 

広告

プレオルソ矯正のメリット

プレオルソで矯正するメリットは、一般的に以下のように言われています。

  • 痛みが出にくい
  • 費用が安い
  • 乳歯から始められる
  • 装着時間が短い

このように言われています。

私たち親の抱く一般的な矯正のイメージとは少し違いますね。

ですが、実際にプレオルソをしていた娘からすると、デメリットもあるそう。

気になる方はこちらの記事をご覧ください。

親御さんにとってのメリット

親御さん視点でのメリットのダントツ1位は費用面のことでしょう。

わが家の場合プレオルソの費用は10万ほどかかりました。

床矯正、ワイヤーでの本格矯正の場合、2,3倍以上の費用が掛かります。

私が子どもの頃ワイヤー矯正をした時には100万ほどかかったと聞きました。

費用については、こちらの記事で詳しく触れています。

【子どもの歯列矯正】プレオルソ体験談②~かかる費用はどれくらい?~

意外なメリット

みなさん、歯並びをきれいにする目的で歯科矯正をされますよね。

ですが、プレオルソでの矯正を選んで得ることのできた意外なメリットがあったんです。

それが、口呼吸が鼻呼吸になったこと!

プレオルソでは装置を付けるだけでなく顎や舌のトレーニングもします。

その過程で自然と口呼吸から鼻呼吸になるんです。

 

小児の時からマウスピースを付けた結果…

娘の歯並びの変化がこちらです。

乳歯の時点で歯が詰まって生えていて、隙間がないどころか少し入り組んでいたほど。

そして生えてきた前歯の永久歯は、ご覧の通り大きく、乳歯の約2倍の大きさでした。

顎の成長を生かして自然にきれいに収まった歯並びに、夫婦で感動しています。

マウスピースについて

わが家の場合、マウスピースは就寝時のみ装着していました。

娘の友人は、娘が歯の矯正をしているということに気づいていなかったかもしれません。

マウスピースは、歯並びの問題に応じて3種類あるようです。

口の悩み別に対応しているんですね!

では、今日はここまで。

次回は、娘のプレオルソ後の記事を書きますね!

 

まだお子さんが小さい場合はこちらもどうぞ

乳児からの予防矯正?矯正いらずの歯並びのために家庭でできる予防とは

 

長女は幼稚園年長~小学校5年生までプレオルソで矯正をしていました。

体験談を記事にしていますので是非ご覧ください。

【子どもの歯並び】マウスピース矯正(プレオルソ)の体験談①~はじめるまで&途中経過~

【子どもの歯列矯正】プレオルソ体験談②~かかる費用はどれくらい?~

【子どもの矯正】プレオルソ体験談③~スタート時期は?大人でもできる?~

【プレオルソのデメリット】プレオルソ体験談④~副作用は?こんないいことも?~

失敗しないプレオルソ生活のために用意したもの&トレーニング

 

★LINE登録で「0円でできる一生モノの家庭教育」の動画をGETいただけるようになりました!

私も3人(小5長女・小1長男・2歳次男)の母親です!
ママ自身を大切にする幸せな子育てライフ、ともに楽しんでいきましょう^^

わが家のお金をかけずに心をかける家庭教育の中間報告
>>おうち時間を大切にしたら、こうなりました!で、おうち時間を大切に塾も教材もナシで来た長女が、グローバルな視点で大学生や社会人の方たちと日本の未来についてスピーチし合い賞をいただけたことを記事にしています。

少ない教育費で今も未来も豊かに!!を引き寄せましょ♪

お教室や教材に頼らずとも、ママが家庭でできることはたくさんあります!

SNS映えする華やかなことではなくシンプルなことを積み重ねる。

愛情あふれる家庭教育を一緒にしていきませんか?

いつでもお待ちしています!

おためしママ英語

ママ英語講座

 

今も未来も豊かな子育てライフを引き寄せる一歩!
Kanakoと繋がる公式LINEはこちら↓

友だち追加

◎おためし講座の予約や急ぎの質問はこちらからだとスムーズです(^O^)/