【動画あり】SASUKE五輪へテスト競技|若者の視聴者を取り戻すためなのか

広告

SASUKEの五輪候補決定後の、テスト競技に関する続報です。トルコの首都アンカラで行われた実際のテスト競技の様子と、サスケがオリンピック候補になるまでの経緯をまとめました。

柔道や空手に続く日本発祥の競技となるのか、正式決定はいつになるのかもチェック!

先日の「オリンピック候補SASUKE|海外の反応も大きいサスケ風アスレチックならココ」に、興味を持ってくださる方が多くいらっしゃったため続報も出してみました。世代や性別に関わらず人気のあるエンターテインメント性バツグンのスポーツなんだな、と再確認!

広告

テスト競技実際の映像

UIPM(国際近代五種連合)が出している動画で、テスト競技の様子を確認することができます。

 

実際の審査基準はまだわかっていません。難易度の高いセットを使うよりもできるだけ多くの人がクリアできるセットにして、タイムを競えるようにするという可能性もありますね。

SASUKE慣れしている方にとっては、このコースだと物足りない…?どれだけ難しいセットを乗り越えられるかという所がチャレンジングで燃えるSASUKEでもありますので、賛否両論でしょう。

ミスターSASUKEの今後も楽しみです!

SASUKE候補は若者のオリンピック離れが原因という説も

オリンピック候補SASUKE|海外の反応も大きいサスケ風アスレチックならココ」でもお伝えした通り、SASUKEは全世界に多くの視聴者がいます。

オリンピックの視聴者数が右肩下がりのIOC(国際オリンピック委員会)としては、五輪から離れてしまった視聴者(特に若い世代)の関心をオリンピックに向けたいという思うもあるという見方もあります。
(参考:ここまで落ちたかIOC…近代五種の新競技候補「SASUKE」浮上にチラつくアメリカ企業(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

 

広告

正式決定はいつ?

五輪候補として可能性が有力視されているSASUKEですが、正式にオリンピック種目として決定するのはいつになるのでしょう。

SASUKEが正式に近代五種の競技となるには、まずテスト競技を経たのちUIPMの承認を受けることが必要です。(UIPMのホームページによると、テスト直後の6月下旬に決定が下されるとのこと。もう出てる?)そしてUIPMの承認後さらにIOCの承認を受けなければなりません。

12月にIOCの決定が下されますので、そこで承認されれば2028年のロサンゼルスオリンピックの種目となるわけですね。2024年のパリオリンピックだと、選手の練習やルールの整備などの面からも間に合いません。

2022年6月現在は、柔道と空手が日本発祥のオリンピック正式種目として登録されています。ケイリンもオリンピックにありますが、あくまで自転車競技のカテゴリーの1つですね。日本発祥のオリンピック種目がもう一つ加わる瞬間に立ち会えるかもしれないと思うと感慨深いものがあります。

今日もお読みくださりありがとうございました。

オリンピック候補SASUKE|海外の反応も大きいサスケ風アスレチックならココ