スピリチュアル子育てとは|母親の本心と言動を一致させることの重要性

広告
スピリチュアル子育てって何?おいしいの?

ここで言うスピリチュアル子育てとは、スピリチュアリティを大切にした子育てのことです。

「スピリチュアリティを大切に子育てをしている」と聞いてどう思われますか?

スピリチュアルという言葉には、まだまだ『胡散臭い』『怪しい』のような否定的な意見もあります。

逆に、占いやサイキックなイメージを抱いて、興味を持っている人も多いのも現実。

実は私たち人間が、太古の昔から敬い大切にしてきたものがスピリチュアリティなのです。

このブログのカテゴリーの一つでもある【スピリチュアル子育て】について詳しくお伝えします。

 

広告

スピリチュアル子育てとは

まず母親がBody, Mind, Spiritのつながった状態で子育てすることがスピリチュアル子育てのスタート。

情報が氾濫する現代においては、思い込みによって自分自身でさえも騙している人が多いのです。

子育てをする母親にも、自分をだまして育児をしている人は多くいます。

 

  • 誰かが言っていたから正しいはずと盲信する
  • 「みんながやっているから」と選択
  • 周りの目を気にしての振る舞い
  • SNSに自分の充実ぶりを頻繁に上げてしまう など

本心と言葉が一致しておらず、発する言動と本当の自分の間にズレがあると、何かうまくいきません。

上手くいったように見えても、結局問題が浮上してくることになります。

「一体なぜなのか?」その理由はシンプルです。

本当の自分で生きていないからです。

本心と言動をつなげて育児をすることが、スピリチュアル子育ての軸です。

 

 

親の本心と言動が繋がっていないとどうなるか

子どもが一番学ぶ人は、小さいころから一番長く近くにいる存在です。

多くの場合は母親であり、子どもが低年齢なほど強い影響力を与えます。

強い影響力を与える=コピーするといっても過言ではありません。

  • お子さんは、本当の自分で生きていないお母さんを見て生き方をコピーします。
  • 何となく、その時に見た情報に流されて生きている親を見て生き方をコピーします。
  • どこかの偉い人が言ったことには従い、自分より低そうに感じた人を軽蔑するのをコピーします。

…など、こんな感じです。

親の本心と言動のズレとは、それほど大きく影響を及ぼすものです。

 

親自身も「自分の本心」に気づいていないことがある

「本心」は、実は親自身でさえも意識できていないこともあるので厄介でもあります。

情報の洪水の中では、「これこそが私の本心かも!」と信じ込まされることがあります。

情報にコントロールされ、偏った情報の中から選択したのに「自分で選んだこと」だと思ったりするんです。

ですが、自分の本心を見つけるためには、自分と向き合う以外には方法はありません。

耳障りのいい偽物の本心を手軽に手に入れることは簡単です。

情報が氾濫する現代では、SNSやネットにそれらしい言葉はあふれていますから。

ですが、自分の本心を見ないように蓋をして、ずっと気づかないままでいると、こじらせます。

病気や家族間の不和、最悪の場合は自分自身を傷つける道を選んでしまうこともあります。

 

偽物の本心かどうかの見分け方

自分が向き合っているのが自分自身の本心なのか、偽物の本心なのか見分ける方法をお伝えします。

それは、本心に正直に生きていて上手くいっているかどうかです。

子育てに関していえば、不安や焦りがないフラットな状態で育児できているか。

誰かと比べず、子どもを思い通りにしたいという欲ではなく、子を応援して暮らせているか。

特別なことがなくても、毎日幸せをかみしめながら暮らせているか…どうかです。

 

広告

「スピリチュアル子育て」って実はシンプル

「スピリチュアル子育て」と聞くと、なんだか特別なもののように感じます。

選ばれた人だけができる、特別な能力を使う育児法のように聞こえるかもしれません。

でも、私たち人間自体がそもそもスピリチュアルな存在なのですね。

成果主義のマテリアルな社会になって、どんどんスピリチュアルな力は蓋をされるようになりました。

Body, Mind, Spiritが繋がり、本心と言動が一致している状態の人が少ない社会になったのです。

どんどん人間の問題が増えていったのは、私たちから大切なものが欠けたからなのですね。

もちろん、子育てについても同じことが言えます。

物質的には豊かになっているはずなのに、満たされない人が増えているのはどうしてでしょう。

SNSの発展で多くの人とつながれるようになったはずなのに、不安なのはなぜでしょう。

それは、本心の求めている豊かさやつながりではないからですよね。

 

こちらもどうぞ! 

子どもが言うことを聞かない時の解決法|何度も同じこと言いたくないママへ

 

Hollow Bone(ホローボーン)になってチャクラを開く

ネイティブ・アメリカンたちの間では、Body, Mind, Spiritが繋がっている状態をホローボーン(Hollow Bone)と言うそうです。

”Hollow Bone”を直訳すると「空洞の骨」。

身体の中を通る空洞が繋がっているイメージですね。

東洋だと、なじみの深い「竹」で表現されるようです。(たしかに空洞の骨っぽいですよね!)

いわゆるチャクラが開いている状態というのは、Hollow Boneの状態を指します。

シンプルに言うと、この状態で子育てをすることこそが、スピリチュアル育児。

特別な知識を付けるのでなく、昔からの人間の生き方を思い出すことです。

今日もお読みくださりありがとうございました。

 

お早めにどうぞ! 

スピリチュアル育児を体で感じる「馬セミナー」。

2022年度は、琉球の聖地にて開催されます。残席わずかです!

母親自身の本心に向き合える「知る人ぞ知る」親子旅 

馬と自然リトリート

 

今も未来も豊かな子育てライフを引き寄せる一歩♪
Kanakoと繋がる公式LINEはこちら↓

友だち追加